「ずいき」ってどんな食材?旬の時期や選び方・おすすめレシピ7選◎

「ずいき」という食材をご存知ですか?食物繊維やアントシアニンが豊富で、旬の時期にはぜひ食べたい野菜なんです。今回はそんな「ずいき」の旬や産地・選び方や保存方法まで詳しくご紹介します。おすすめレシピ7選も、ぜひご参考に!

2018年11月6日 更新

5. ピリ辛ずいきの韓国炒め

こちらは、ずいきをいりこ・にんにく・醤油・唐辛子・ごま油で炒めたひと品。素朴で旨味のある味付けは、家庭料理のお手本ですよね。韓国では、スープにずいきを入れることが多いのだとか。こちらのレシピなら作り置きも◎

6. ずいきの胡麻酢和え

「ずいきの胡麻酢和え」は昔ながらの定番常備菜。白ごまの風味と薄口醤油の甘酢で、大人好みの箸休めになります。和の小鉢に盛り付けて食卓に上げれば、どこか懐かしい「日本の夏」を感じるひと品に。

7. 青ずいきとわかめのポン酢あえ

涼しげな緑の青ずいきとわかめ・しらすのポン酢あえは、食物繊維たっぷりの副菜。ずいきは水分をよく吸うので、ゆでた後しっかり絞ってからポン酢であえるのがポイントです。

生ずいきで「夏」を食卓に。

夏が旬の「ずいき」は下処理にひと手間かかりますが、アク抜きすればクセがないので、お子さんも食べやすい食材です。季節を感じることのできる野菜として「食育」にも最適ですよ。

ちなみにずいきの皮を剥ぐ作業は、手についた汚れが取れにくいのでゴム手袋をするのがおすすめです。ゆでる・煮る時間は短めにすると、食感よく仕上がりますよ。あなたもぜひ、ずいきを食卓に取り入れて「夏」を味わってくださいね。
▼こちらの郷土料理についてもご紹介していますよ◎
4 / 4

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

suncatch

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう