連載

【高橋みなみの、これからお料理しちゃう?vol.9】火を使わない!夏の救世主レシピ

毎週月曜14:15から放送中のTOKYO FM「高橋みなみの、これからお料理しちゃう? supported by macaroni」。毎回料理に関するお悩みを解決しているこの企画。今回は、火を使わずにできちゃう簡単レシピを紹介します。

高橋みなみの、これからお料理しちゃう? 第9回

2018年7月30日放送のTOKYO FM「高橋みなみの、これから何する?」番組内コーナー【これから、お料理しちゃう? supported by macaroni】。このコーナーでは毎回、プロの料理家がリスナーの料理に関するお悩みを解決します!
今回お呼びしたプロは『syunkonカフェごはん』シリーズ(宝島社)で人気の著者、料理コラムニストの山本ゆりさんです。大阪生まれ、大阪育ちの山本さん。レシピサイト「レシピブログ」の人気ナンバー1ブロガーであり、2児のお子さんを持つお母さんでもあります。

前回放送の様子はこちら

今回のお悩みはこちら!

「夏休みに入ると、子どもたちが朝から晩まで居るので、朝・昼・晩の三食の用意が億劫です。ランチに手早く出せて、育ち盛りの小6男子が喜ぶひと品を教えてください。10分くらいでできると助かります!」――ラジオネーム:しましまさん
高橋みなみさん(以下たかみな):ゆりさんには毎月最終週にお悩みに応えていただくのですが、先日私も一緒に作ってきました!まずは、今日のお題〈手早くできる、小6男子が喜ぶメニュー〉にどんな答えを出してくれたのか、聞いてみましょう。

山本ゆりさん(以下山本):こんにちは。山本ゆりです。こんなメニューはいかがでしょう?「夏の救世主!レンジで簡単!とろとろ卵の甘辛豚丼」です。夏のキッチンは暑いので、火を使わずに10分以内でできちゃう簡単レシピをご紹介します。リスナーさんもみなみさんも、ぜひ作ってください。

たかみな:レンジで簡単にできちゃう、小6男子も喜ぶメニュー!先日、ひと足お先にいただいたのですが、大満足です!手順も簡単なうえに、とってもおいしかったです。みなさん、メモのご用意はいいですか?それでは、材料とともに作り方を教わりましょう。

レンジで簡単!夏の救世主メニュー

山本:まずは、玉ねぎを薄切りにします。厚さは、2~3mm程度を目安に切ってください。全然適当で構わないのですが、分厚いと火が通りにくくなってしまうので、できるだけ薄く切ります。そして、豚バラ肉を3cm幅にカットします。

たかみな:玉ねぎはとにかく薄くとのことですが、こうして目安を教えてくれると、お料理初心者も安心ですよね。さぁ、材料をカットしたらどうしましょう?

片栗粉を使ってお肉にテリを

山本:次に合わせ調味料を作ります。 耐熱ボウルに、片栗粉、砂糖、酒、しょうゆ、 そして、ショウガを入れます。ショウガはチューブでOKです。 最後にこしょうをプラスします。合わせ調味料は耐熱容器の中で作って絡めてしまえば、洗い物が減るので楽です!そしてここに、豚バラ肉を入れて絡めます。さらに片栗粉を入れるのがポイントで、お肉にたれが絡みやすくなり、テリも出るうえにふっくら仕上がります

たかみな:片栗粉を入れるとテリが出るんですね~。そして、お肉も調味料と絡みやすくなる!これ、覚えておきたい「技」ですね。すでに食べたから思うんですけど、この合わせ調味料がおいしさの秘訣でした!お次はどうしましょう?

山本:続いて、この上に玉ねぎを広げてのせます。 そこにふんわりとラップをかけて、600Wの電子レンジで5分加熱します。お肉にちゃんと火が通っていて、玉ねぎも透き通っていたら完成です。加熱したら全体を混ぜ合わせて、ひとまず前半の工程は終了です。

たかみな:ここまでとっても簡単でしたね!お肉を切って、合わせ調味料で絡めて、焼く、と。

レンジだけで作る"とろとろ卵"

山本:後半では「とろとろ卵」を作っていきます。まず、先ほどとは別の耐熱ボウルを用意して、卵を割り入れましょう。 そこへ牛乳を入れて塩を加えて混ぜます。牛乳を使うのがポイントで、パサつかずにしっとり仕上がりますよ
今度はラップをかけずに  レンジ600Wで1分30秒加熱します。 卵の場合、ラップをかけると水分が蒸発せず  なかなか固まらないので、ラップはしません。卵は余熱でも火が通るので、少し早めに取り出すのがコツです!“まだ全然生だけど大丈夫?”っていうくらいで混ぜてもらったら、どんどんトロトロになって固まっていきます。

ここまでできたら、ほぼ完成!盛り付けしていくだけです。ご飯の上に甘辛豚を盛り付けます。次にとろとろ卵を盛り付けたらできあがり!お好みで万能ねぎと白ごまをトッピングしても良いですよ。

たかみな:卵に牛乳を加えると、パサつかずしっとりとした玉子ができるんですね。今日の技2ですね。

火を使わずに完成!

たかみな:最後にゆりさんから、この「夏の救世主!レンジで簡単! とろとろ卵の甘辛豚丼」のポイントについてアドバイスをもらいました!聞いてみましょう。

山本このお料理の最大のポイントは、なんといっても火を使わない!全然暑くなくできる夏向きのメニューというところと、見た目がレンジで作ったとは思えないほどちゃんと作った感がでるレシピです(笑)ぜひ試してみてください!

たかみな:味もおいしいし見栄えもいいし、本当に調理してる感が出る!ってゆりさんらしいですね。ありがとうございます!

「とろとろ卵の甘辛豚丼」のレシピ

材料

豚バラ肉(薄切り) 150g
玉ねぎ 1/4個(50g)
a. 片栗粉小さじ 1/4杯
a. 砂糖大さじ 1杯
a. 酒大さじ 1杯
a. しょうゆ大さじ 1杯
a. しょうが(すりおろし) 少々
a. こしょう 少々
b. 卵 2個
b. 牛乳 大さじ1杯
b. 塩 少々
ごはん お茶碗2杯分
万能ねぎ(お好みで) 適量
白いりごま(お好みで) 適量

特集

SPECIAL CONTENTS