苦さがクセになる♪「IPA」の魅力や由来・おすすめ5選

みなさんは「IPA」というビールをご存知ですか?ビールの中でも苦みを感じるクラフトビールですが、ただ苦いだけではありません。ホップの香りを1番楽しむことができるのもIPAなのです。今回はそのIPAの正体からおすすめ商品までをご紹介します!

2018年7月31日 更新

4. 強烈な苦みがうま味に変わる「コロナド アイランダーIPA 355ml×3本」

センテニアル、チヌーク、コロンバスのアメリカを代表するホップ3種類を使用して造られた破壊力満点の苦みを誇るIPAビールです。その味はコロナド島の人々に愛され続けたもの。常夏の日差しの下でキレのあるのど越しを体感してみませんか。

5. おいしいビールに心血注いだ逸品「ブリュードッグ パンクIPA」

ブリュードッグ社の創業者J・ワット氏が世界で1番のおいしいIPAを造るために魂を込めて開発に乗り入れた商品です。苦みを表すランクも高ランクを維持、スーパードライ酵母を使ってキレが爆発するおいしいあと味を演出しています。

「にがっ!でもおいしい♪」を体感してみよう

日本国内のマイルドなビールに慣れている方は、IPAのクラフトビールを飲んだ瞬間に「にがっ!」と思ってしまうかもしれません。でも飲み続けると、誰しもがクセになってしまうのです。

その秘密はホップに秘められた芳醇な香り。鼻に抜ける香りを楽しみながら、その苦みを交互に味わっていくことでやみつきの味になってしまいます。夏のアウトドアのお供にも、お祭りや花火大会のお供にもおすすめですよ。ぜひ、お試しになってくださいね。
▼こちらのビール記事もおすすめですよ♪
4 / 4
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

koku_koku

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう