旬を味わう!「秋野菜」を使った和・洋・デザートの彩りレシピ15選

みなさんの秋はどんな秋ですか?読書の秋・スポーツの秋とありますが、やはり「食欲の秋ははずせない」そんな方も多いはず!ここでは、秋に旬を迎える野菜のレシピを和・洋・デザート別でご紹介。秋野菜をおいしく無駄なく上手に使いこなせますよ。

2020年1月7日 更新

秋が旬の野菜って?

暑い夏が終わって迎える秋は、夏に消費した体力を取り戻すのにぴったりな時期だといわれています。そんな秋に旬を迎える野菜は、栄養豊富で身体にやさしい野菜が多いのです。 秋が旬の野菜には根菜やきのこがありますが、その特徴は食物繊維が豊富。また、根菜に関してはでんぷん質が多く、寒い冬に向けた準備に役立つそうです。 では、秋野菜にはどんな野菜があるかご存知ですか?次に代表的な5つの野菜を紹介します。

秋が旬の代表的な野菜5選

じゃがいも

じゃがいもは、年に2回旬を迎える根菜です。春に収穫されたものは「新じゃが」と呼ばれ、皮が薄くみずみずしく、秋に収穫されたものはでんぷんが豊富で、ホクホク食感が特徴。じゃがいもの見分け方は、丸みがあり表面のなめらかなものを選ぶのがポイントです。

さつまいも

さつまいもは食物繊維が豊富で、加熱すると甘みが増すのが特徴。その甘みが子供や女性に人気で、スイーツで登場することが多いですよね。そんなさつまいもは、皮の色が均一で、ハリとツヤがあるものを選びましょう。

にんじん

にんじんは春・秋・冬3回旬がありますが、秋のにんじんは加熱すると甘くなる特徴があるので、煮込み料理におすすめです。にんじんは、鮮やかなツヤと、表面が自然な赤い色をしているものがいいですよ。

かぼちゃ

甘くておいしいかぼちゃは、料理にもお菓子にも使える万能野菜ではないでしょうか。かぼちゃは、丸ごとなら重量感があるもの、カットの場合は種がしっかり詰まっていて、肉厚で色が鮮やかなものがおすすめです。
1 / 4

特集

FEATURE CONTENTS