旬の味覚バンザイ!秋料理を作ってみたくなるとっておきのレシピ20選

旬の食材を使った秋の料理はどれを食べてもおいしいですよね。おいしいだけではなく栄養価も高く、魚も野菜も何を食べても大満足です。こちらの記事では、食べ過ぎ注意の旬の味覚を使ったレシピを20品、和食・洋食・中華・エスニックと豊富にご紹介!

2019年7月10日 更新

秋に食べたい和食料理5選

1. ほっこりやさしい甘さ!かぼちゃのなめらか茶碗蒸し

茶碗蒸し碗に入ったかぼちゃの茶碗蒸し

Photo by macaroni

いつもの茶碗蒸しをかぼちゃで作ってみませんか? 秋の旬、かぼちゃを使った茶碗蒸しは甘さが引き立ちますよ。

かぼちゃは水と一緒にレンジにかけるとやわらかくなり、裏ごししやすくなります。ブレンダーやミキサーがある場合は、水と一緒に撹拌することで簡単にこすことができるのでおすすめです。

2. 秋の味覚をたっぷり!さんまとれんこんのにんにく醤油炒め

黒いお皿に盛られたさんまとれんこんのにんにく醤油炒め

Photo by macaroni

秋の味覚がたっぷりな、さんまとれんこんのにんにく醤油炒めのレシピです。香ばしいにんにく醤油だれとの相性もよくご飯がとまらなくなりそう!さつまいもやナス、里芋などお好みの具材でアレンジしてもおいしく仕上がります。

3. まるっとやわらか!小かぶの肉詰めまるごと煮

丸いお皿に盛られた小かぶの肉詰めまるごと煮

Photo by macaroni

旬のかぶを丸ごと味わえる小かぶの肉詰めまるごと煮のご紹介です。コロンとした見た目もかわいらしく、小かぶをくり抜いたなかには、鶏ひき肉のたねがたっぷり入り食べ応えもあります。

肉だねは粘りが出るまでよく混ぜると、ふんわりジューシーな食感になります。かぶの葉は、味にクセがなく幅広い料理に使うことができるので捨てずに使ってくださいね。

4. プチトロ食感!いくらとろろ丼

海と山の旬モノがひとつになった、いくらとろろ丼。噛むとプチプチ、ジュワーっと広がるいくらの旨味と、ネバネバとろとろの代表格長芋のとろろがまろやかで、抱えて食べたくなる丼です。

トッピングは定番の刻みのり、ネギ、以外にも卵黄や大葉もおすすめ。いくらに鮭で親子丼もおいしそうですね。
1 / 6

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

Cucina_mamma

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう