体感-3℃!? 夏を涼しく過ごす6つの「テーブルコーデ術」

今回は、猛暑を乗り切る涼感満載の「テーブルコーデ術」をご紹介します。素材やカラーをひと工夫したアイテムをプラスするだけで、いつもとはまったく違った爽やかな雰囲気に早変わり♪ 夏バテ防止に、まずはテーブルから涼しくしてみませんか?

涼しげに魅せる!夏のテーブルコーデ術

暑い日が続いていますね。記録的な猛暑に、夏バテ気味の人も多いのではないでしょうか?

今回ご紹介するのは、暑い夏を少しでも涼しく快適に過ごす術!今すぐ真似したくなる''涼しげなテーブルコーデ''をまとめてみました!ちょっとした工夫で、いつものテーブルがぐんと清涼感あふれる雰囲気に♪ おすすめのアイテムと一緒にご紹介します。

1. 透明感で涼しさアップ「ガラス食器」

透明な「ガラス食器」は清涼感抜群。テーブルコーデのなかにひとつ取り入れるだけで、簡単に涼しげな雰囲気を出せるお助けアイテムです♪ 最近は、100均などでもおしゃれなものが販売されていて、入手しやすいお手軽さもうれしいポイント。
1. 透明感で涼しさアップ「ガラス食器」

Photo by macaroni

体感-3℃を目指すなら、いつもの料理をガラス食器に盛り付けてみましょう。ガラッと印象が変わり、涼しげなテーブルに早変わりしますよ♪

2. 涼しさもおしゃれさも◎「ブルー系食器」

簡単に清涼感の出せる「ブルー系食器」は、夏のテーブルコーデの必須アイテム!涼しさを演出できるだけでなく、存在感があるので、テーブルが一気に垢抜けておしゃれになりますよ。
濃淡・柄ものなど、すべてブルー系で揃えると、統一感が出てテーブルコーデが締まります。食欲減退色と言われるブルーですが、上手に使えば夏の暑さを乗り切る強い味方に!

ボリュームのあるパスタや炒め物も、ブルーのプレートに盛り付ければさらっと食べられるかも!?

3. 夏に大活躍の万能選手「竹ざる」

冷たいそうめんやみずみずしい夏野菜を連想させる「竹ざる」。また、お皿として使うだけでなく、食材の水切りや収納道具としても活用できる万能選手です。
そばやそうめんなどの麺類はもちろん、おにぎりやおつまみを盛り付けるのもおすすめです!

''和''のイメージが強い「竹ざる」ですが、通気性もいいので脚つきの竹ざるに焼きたてのパンをのせても◎ 蒸気がほどよく抜けて、水気でパンがしなるのを防げますよ。

4. 夏の定番素材「リネンのランチョンマット」

4. 夏の定番素材「リネンのランチョンマット」

Photo by macaroni

夏が近づくと思わず手に取ってしまう「リネン」。服装にリネン素材のものを取り入れる人が多いかもしれませんが、テーブルコーデにもぜひ使いたいお役立ちアイテムです♪ 湿気の多い季節にうれしい、さらっとした手触りが魅力的ですね!
爽やかな1日のスタートに、リネンのランチョンマットを合わせてみてはいかがでしょう。料理の下に敷くだけで、とってもナチュラルで涼しげな雰囲気に♪ 夏の朝食にぴったりです。

5. 癒し効果抜群「観葉植物」

猛暑で夏バテ気味の身体を癒してくれる観葉植物。緑があるだけで落ち着いた雰囲気になり、リラックス効果も◎ 主張しすぎない、ほどよいおしゃれさも演出できますよ♪
部屋の隅に置かれた、観葉植物がとってもすてき!

大きめの葉っぱが、涼しげな木陰をイメージさせてくれます。ダイニングテーブルに、オムライスやパスタなどをセットすれば、まるでカフェにいるような気分に♪

6. 木目が美しい「アカシアプレート」

一つひとつ木目や色合いが違って表情豊かな「アカシアプレート」。アカシアプレート特有の深みのある茶色は、どんな料理も盛り付けるだけでワンランクアップさせてくれます。夏に食べたいカレーや、エスニック料理とも相性抜群♪
サラダやオムレツをワンプレートで盛り付け♪ 食材の色が引き立って、食欲がそそられます。プレート以外にも、カッティングボードやボウルなど、用途に合わせてチョイスしてみてくださいね。

体感-3℃も夢じゃない!?

いかがでしたか?素材やカラーなど、夏っぽく涼しげなものを選ぶだけでテーブルの雰囲気が大きく変わります♪ ひと工夫することで、暑さで減退気味の食欲も復活するかもしれません!

ぜひ、夏のテーブルにぴったりの清涼感たっぷりのアイテムを見つけてみてくださいね。

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

omio96

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう