じゃがいも

じゃがいもの下ごしらえも、大根と同じように事前に火を通してだし汁で炊いておきます。芯までやわらかくなったら、皮をむいて下ごしらえは完了!大根と違うのは、じゃがいもは下ごしらえを圧力鍋でしないこと。圧力をかけてしまうと、じゃがいもが煮崩れを起こしてしまいます。その点はご注意を。

そのほかの食材

こんにゃくの下ごしらえは、両面に浅く切り込みを入れて味を染み込みやすくし、塩をまぶして5分ほどおきます。そのまま1分くらい下ゆでしたら完了。練り物は好みのサイズにカットしておきましょう。前述のように練り物は膨張するので圧力をかけてはいけません。また、さつま揚げは油抜きが必要です。

圧力鍋と万能調味料で◎簡単人気おでんレシピ3選

1. 圧力鍋でほくほく大根のおでん

圧力鍋でほくほくにした大根がメインのおでん。具材の下ごしらえが済んだら、あとは鍋のなかに調味料を入れて火にかけます。そのあと5分ほど加圧して、自然に圧が抜けるのも待ったら完成!味付けは、塩と醤油、ほんだしでシンプルに。

2. 白だしで熱々おでん

白だしで作るおでんのレシピ。白だしと骨つきチキンでとった、だしがおいしさの秘密!アクをしっかりとると綺麗なスープになります。具材は、大根にたまご、じゃがいもなど。里芋を入れてみてもおいしい!とてもやさしい味に仕上がるおすすめのおでんレシピです♪

3. めんつゆで簡単おでん

メインの味付けをめんつゆでする簡単おでんのレシピ。基本の味付けは本当にめんつゆだけ。もし塩分が足りない場合には、塩で調整しましょう。具材は、つみれやさつま揚げ、こんにゃくなど。下ごしらえに圧力鍋を活用して時短しましょう♪

圧力鍋で絶品おでんをお手軽に作っちゃおう♪

圧力鍋でつくる絶品おでん。そのメリットや注意点、具材別の下ごしらえの方法もご紹介しました。また、おすすめのおでんレシピ6選も参考にしてみてください。 手間と時間のかかるおでんの下ごしらえも、圧力鍋を使えばあっという間!しかも長時間煮込んだみたいにやわらかくておいしく仕上がります。おでんは時間がかかるから敬遠していた人も、ぜひ圧力鍋を活用して作ってみてください。我が家の定番メニューになってしまうかも♪
▼こちらの記事もおすすめです

編集部のおすすめ