連載

【高橋みなみの、これからお料理しちゃう?vol.7】記念日に食べたい麺レシピ

毎週月曜14:15から放送中のTOKYO FM「高橋みなみの、これからお料理しちゃう? supported by macaroni」。毎回料理に関するお悩みを解決しているこの企画。今回は、フライパンひとつで作れる麺レシピをご紹介!

2019年3月16日 更新

高橋みなみの、これからお料理しちゃう? 第7回

2018年7月17日放送のTOKYO FM「高橋みなみの、これから何する?」番組内コーナー【これから、お料理しちゃう? supported by macaroni】。このコーナーでは毎回、プロの料理家がリスナーの料理に関するお悩みを解決します!
解決してくれるのは、テレビや雑誌でフードコーディネーターとして活躍している渡邉未央さんです。

前回放送の様子はこちら

今回のお悩みはこちら!

「自炊男子です。ぼくは焼きそばが大好きです。焼うどんも大好きです。五目焼きそばはもっと好きです。そんなぼくに、記念日に食べられる麺料理を提案してください。手軽でおいしいのを希望します」――ラジオネーム:108号さん
高橋みなみさん(以下たかみな):すごく麺好きの方ですね!今日のお題を改めて発表します、〈記念日に食べたい麺料理〉です!未央さん、今日のレシピはなんでしょうか?

渡邉未央さん(以下渡邉)ちょっと贅沢!やわらかお肉の「ガーリックステーキ焼きそば」です。
たかみな:ボリューミー!そしておいしそう。焼きそばにステーキですよ、みなさん!? いただきます!ん〜、おいしい!

渡邉:いま目がパチッと開きましたね!(笑)

たかみな:ステーキと焼きそばって合うんですね。しかもソースがおいしい。調味料が気になります!

記念日に食べたい!スペシャル焼きそば

たかみな:さっそく、材料と一緒に作り方を教えてください。まずは何から?

渡邉:フライパンにサラダ油、スライスしたにんにくを入れて弱火で加熱し、きつね色になったら取り出します。

たかみな:にんにくはみなさん好きですよね。最強ですもん。

渡邉:続いて5ミリ幅に切っておいた玉ねぎを加えて、塩を振って炒めます。玉ねぎが透き通ったら、レンジであらかじめ温めておいた焼きそば麺を加え、焼き目をつけるように炒めます。
たかみな:焼きそばの麺を加える際、水やお湯を加えて麺をほぐしてたんですけど、入れないんですね?

渡邉:そうなんです!あらかじめ、レンジで麺をほぐしておくのがポイントです。水を入れて焼きそばをほぐすと柔らかくなりすぎてベチャッとしてしまうので、レンジで温めるのがおすすめです。

安いお肉をおいしく焼くポイントは?

たかみな:なるほど〜。続いては?

渡邉:フライパンにもやしを加えてさっと炒め、一度全部お皿に取り出します。

渡邉:そしてフライパンを中火にかけ、牛脂を溶かします。常温に戻して、フォークで穴をあけたステーキ肉を入れ、1分ほど焼きましょう。焼き目がついたら裏返し、弱火にしてからさらに30秒ほど焼いていきます。

たかみな:「焼きそばにステーキ」って贅沢ですけども、どんなステーキ肉でもいいんですか? ”フォークで穴をあける”というのが気になったんですが……。
渡邉:今回は焼きそばの上にのせるとのことだったので、少々リーズナブルなお肉を使っても大丈夫なように工夫しました!

たかみな:なるほど。そのポイントやひと手間、知りたいです!

渡邉:安いステーキ肉をおいしく焼くポイントは4つあります。まずは「常温に戻す」、そして「筋切りして、穴を開けて肉の繊維を断つ」。お肉を焼くときに「牛脂を使って“旨み”をプラス」します。そして最後に、「よく熱したフライパンでさっと焼く」です。

たかみな:その4つを押さえるだけで、この味になるんですね。すごいな〜。
1 / 3
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

macaroni公式

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう