ビール片手に食べたい♪ 郷土料理「さんが焼き」の作り方

お魚のおいしさを知り尽くした漁師さんが作る「さんが焼き」。ふわっとしたあじの身と味噌の香ばしさよ、薬味の香りがたまらないひと品です。お酒のあてに合わないはずがありませんよね。ビールを片手におうちで最高の瞬間を楽しんでください。

2018年12月12日 更新

千葉の漁師メシ「さんが焼き」を作ろう!

大葉を巻いた小判型のさんが焼きのアップ

Photo by lanne_mm

さんが焼きって?

さんが焼きは千葉県の漁師さんが作る郷土料理です。房総半島近くの海でとれた魚を使います。魚を細かく包丁でたたいたあとに、味噌や薬味と混ぜ合わせて平たく丸めたものを焼いた料理です。

あじのほかにも、いわし、さんまなどそのときに獲れる魚を使います。

由来について

漁師さんは、獲れた新鮮な生の魚を船の上で細かくたたいて味噌と混ぜ合わせた「なめろう」という料理を作って食べていました。山仕事に行くときには、残ったなめろうを持って行き、山の家で焼いて食べたそう。このことから山家(さんが)焼きと呼ばれています。

生の魚はいたみやすいので、おいしいなめろうをいつでも楽しめるようにと、火を通して食べたことから生まれたわけですね。

さんが焼きのレシピ

さんが焼きの完成写真

Photo by lanne_mm

あじを使ったさんが焼きの作り方をご紹介します。身はふわふわで味噌の香ばしさや薬味の香りが口の中に広がって、ごはんのおかずだけでなくお酒のあてにもぴったり♪ 生臭さが和らぐので、お魚が苦手な人にも食べやすい味ですよ。
1 / 5

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

lanne_mm

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう