暑い日でも「電動かき氷機」で簡単デザート♪おすすめ機種5選

暑い夏の定番スイーツといえば、かき氷。屋台やお店ではもちろん、ご家庭にかき氷機があればもっと気軽に楽しめますね。従来の手動タイプだけでなく、最近は機能充実の電動タイプが登場しています。電動かき氷機のおすすめモデルとそれぞれの特徴をご紹介!

2018年11月26日 更新

電動かき氷機ならお家でラクラクかき氷が!

昔ながらの手動式のかき氷機はハンドルを回して氷を削るので、かなりの時間と労力がかかりますよね。電動式ならスイッチひとつで自動的に氷を削ってくれるので、短時間でラクラクかき氷ができあがります。

また、刃の角度調節によって氷の食感を変えられる機種もあり、インスタ映えすると最近話題のふわふわのかき氷をご家庭で楽しむことも!

電動かき氷機を選ぶポイントは?

置き型、ハンディタイプ、どっちを選ぶ?

電動かき氷機は、置き型とハンディタイプに大きく分かれます。

置き型は、比較的ボディが大きく、一度に大勢の分を作ることができますが、収納スペースを確保する必要があります

ハンディタイプは、一度に作れる量は限られますが、コンパクトで収納時に場所を取りませんし、持ち運びも簡単。電池で駆動するコードレスタイプもあり、アウトドアにも最適です。

専用のブロック氷とバラ氷、どう違うの?

機種によって、家庭用の冷蔵庫で作るバラ氷でかき氷ができるものと、専用の製氷皿で作ったブロック氷のみに対応しているものがあります。

バラ氷を使うタイプは、粗めに削られるためシャリシャリとした食感に。

ブロック氷は、細かく削ることができるのでふわふわした食感のかき氷になりますが、食べたい時にすぐ用意できないというデメリットが。
1 / 3
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

aiai0120

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう