食べ方いろいろ♪ にんにく醤油漬けの作り方と活用レシピ5選

常備しておくと何かと便利なにんにく醤油漬け。漬け込んだにんにくはそのまま食べても、刻んでお料理に使っても◎。お醤油にも香りがたっぷりなので、お刺身につけたりお料理に使ったり、活用方法がたくさんあるんです。ぜひつくってみてください。

2018年7月29日 更新

おすすめの食べ方

そのまま食べる

にんにくは、お漬物感覚でそのまま食べても◎あまり漬け込みすぎるとしょっぱくなりすぎてしまいます。10日から2週間程度で様子を見てみましょう。

カットして漬けこんだものは断面から味が染み込むので、意外と早くに食べられます。茶色く色づいていたらOK。

料理の味付けに使う

漬け込んだにんにくはそのまま食べる以外にも使い道があります。みじん切りにして炒め物に使ったり、スライスしてチャーハンに入れたりと、お料理のアクセントになります。

刻んだものを納豆に混ぜたりしてもおいしくいただけますよ。すり下ろして使うこともできるので、お肉の下味をつけるときにも◎

にんにく醤油漬けを使った活用レシピ5選

1. 肉あんヌードル

にんにくのうまみがたっぷりの肉あんヌードルレシピ。レシピではこんにゃく麺を使っていますが、中華麺やそうめんなどのお好きな麺でアレンジしても◎お醤油につけたにんにくを使うことで旨味アップ!

2. にんにく醤油でチャーハン

にんにく醤油漬けを使ったチャーハンです。お醤油につけたにんにくを使っても、にんにくを付けたあとのお醤油を使っても◎具材もお好みのものでOK。いつものチャーハンにちょい足しするだけでおいしく仕上がります。
4 / 5

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

mikA.K

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう