作り置きにも◎豚バラ肉で作る本格チャーシューの作り方!

味がたっぷりしみこんだしっとりやわらかチャーシューを、お家で簡単手作りしてみませんか?自分で作ればお好みの味でたっぷりと思う存分食べることができるのでおすすめです。お鍋で作る基本のレシピから、圧力鍋や炊飯器を使った作り方までご紹介します。

2018年11月28日 更新

豚バラチャーシューの人気レシピ3選

1. 圧力鍋で作ったチャーシュー

圧力鍋で豚バラブロックをよくゆでたあと、味付けします。圧力鍋を使っているので、煮込む時間は短いのに、とってもやわらかく仕上がります。 強火でたれを煮詰めれば、ご飯にもよく合います。もちろんお酒のおつまみにもピッタリです。

2. 炊飯器でお手軽チャーシュー

炊飯器で作る、手間なし簡単レシピです。豚肉なら、ロースでもバラでもおいしく仕上がります。調味料と豚肉を炊飯器に入れて、炊き上がったら保温で放置するだけでおいしいチャーシューのできあがりです。 ゆで卵を添えて、夕食にもボリューム満点です。

3. レンジで作る我が家の豚バラチャーシュー

電子レンジで火を使わずに作れるレシピです。密封袋に調味料を入れ、初めに充分味をしみこませてから加熱することで、短時間でおいしいチャーシューができあがります。 前日から冷蔵庫でタレに漬けておけば朝のお弁当にも便利です。

豚バラチャーシューをたくさん作って常備しよう

Photo by TAMA39

甘辛い豚バラチャーシューは、冷蔵や冷凍で保存することができます。冷蔵庫で保存する場合は、3~5日で食べきるようにしましょう。 冷凍庫で保存する場合は、食べる分ずつ小分けして、なるべく空気に触れないよう密封袋などに入れ、1ヵ月以内には食べきるようにしましょう。前日から冷蔵庫に移し、自然解凍で食べられますよ♪ ネギチャーシューにしてお酒のおつまみに、チャーハンや野菜炒めに入れて一味違ったコクのあるメニューにと、使いみちはアイディアしだいです。ぜひこの機会に試してみてはいかがでしょうか?
▼こちらもおすすめです♪
3 / 3

特集

FEATURE CONTENTS