macaroni編集部が教える!買ってよかった6つのキッチンアイテム

macaroni編集部のメンバーに聞いた!みんなが普段から愛用している便利アイテムをご紹介します。食に関わる仕事をしているからこそおすすめできる、食に関する便利なアイテムたち。ぜひ買い物の参考にしてみてください♪

macaroni編集部の愛用品はなに?

編集部のおすすめアイテム

Photo by macaroni

みなさんは普段、どのようなキッチンアイテムを愛用していますか? おしゃれなだけでなく、実用性も兼ね揃えた便利アイテムを使うだけで普段の生活が楽しいものに変わりますよね。

今回、macaroni編集部メンバー6人に「読者の方にぜひとも使ってもらいたい!」というおすすめの愛用品をひと品ずつ持ってきてもらいました!

1. 無印良品「アクリル冷水筒・ドアポケットタイプ」

アクリル冷水筒の画像

Photo by macaroni

690円(税込)

冷蔵庫のドアポケットにすっぽり入るアクリル冷水筒。ねじ式で取り外し簡単な水出しお茶パック入れ付きです。
お茶が入った水筒

Photo by macaroni

編集部員M「スリムでスタイリッシュなデザインで、ついつい使いたくなっちゃいます。もちろん、デザインだけじゃなくて実用性も抜群です。お茶パックをいれるだけでお湯沸かさず、粗熱をとるのを待たずに済む!」
傾けても溢れる様子のないお茶

Photo by macaroni

「横にしても漏れないので、牛乳や豆乳を買いすぎてしまった時でも安心。暑い時期、特におすすめです。」

2. サーモス「保冷缶ホルダー」

保冷缶ホルダーの画像

Photo by macaroni

オープン価格

缶飲料をそのまま入れるだけで冷たさをキープしてくれる「保冷缶ホルダー」。飲み物を缶のまま製品に入れるだけで冷たさが長持ちします。

編集部員F「知り合いからいただいたものなのですが、とても便利で重宝しています。自宅で鍋や鉄板など温かいものの近くに置いていても、なかなかぬるくなりません。」
缶を入れた保冷缶ホルダー

Photo by macaroni

「家の中だけでなく、 アウトドアやバーベキューなどさまざまなシーンで使えるのもうれしいポイントです。小さいサイズだから手軽に持ち運べて楽々♪ 暑い今の季節に大活躍間違いなしのアイテムですよ!」

3. プロ好みのラップ 食品包装ラップ

プロ好みのラップの画像

Photo by macaroni

247円(税込)

業務スーパーで販売されている、よく伸びよくつく食品包装ラップです。通常のラップはだいたい20mで売られていることが多い中、こちらのラップはなんと100mもあるんですよ。

編集部員M「とにかく長い!100mもあるので、一度買っておけばなかなかなくなりません。普通のラップに比べるとやや重めですが、特には気になりませんよ。そして、何より重要な“使用感”も抜群にいいです。」
食器にラップをつける様子

Photo by macaroni

「わりと薄めな素材ですが、しっかり食器にくっついてくれます。加熱しても全く問題ないです。これで250円以下ってお得すぎですよね。さすが“プロ好み”なだけあります。これからも絶対にリピします!」

4. BALMUDA The Pot(バルミューダポット)

バルミューダザポットの画像

Photo by macaroni

11,000円(税抜)

収納スペースをとらない小さいサイズの電気ケトル。毎日使いたくなるような美しいデザインが特徴的です。

編集部員J「おいしいコーヒーを始めたく、まずはハンドドリップをしたいと思って購入しました。置いておくだけでもインテリアになるような、バルミューダ特有のシンプルなデザイン性に強く惹かれました。」
コーヒーをドリップする様子

Photo by macaroni

「ドリップセットも一緒に購入したのですが、有田焼のドリッパーがしっかりした作りでとても気に入っています。細い注ぎ口がドリップしやすくて、朝の優雅なコーヒータイムを演出してくれます。ちょっと多めにお湯を沸かす時でも、早く湧くのもお気に入りのポイントです。」

5. 中川政七商店「ごちそうふきん」

ごちそうふきんの画像

Photo by macaroni

432円(税込)

蚊帳生地の「ごちそうふきん」。表柄、裏晒の蚊帳生地を5枚重ねで縫い合わせた丈夫なふきんです。

編集部員K「中川政七商店さんに立ち寄ったとき、『ふきんにしては値が張るな』とは思いつつも、ごはん柄に惹かれて手に取ってしまいました。説明書きをよく読んでみると、江戸時代から歴史のある蚊帳生地で作られているとのこと。正直な話『ふきんなんてどれも同じでしょー』と思っていたんですが、使ってみて驚き。こんなにも違うのかと。」
ふきんで食器を拭く女性の手

Photo by macaroni

まず、ひと拭きでツルッと水分を吸収してくれる。食器に繊維が残らない。使ったあともすぐに乾いて、匂いにくい。もう普通のふきんには戻れないですね。使っていると『蚊帳ふきんなんて、ちょっと丁寧な暮らし♪』と気分が上がってしまうところもお気に入りです。笑」

6. 東屋「バターケース 半切」

バターケースの画像

Photo by macaroni

4,700円(税抜)

ヤマザクラの無垢材をくり抜いて作ったバターケース。平らな底板にバターをのせて、上から四角いフタを被せて使います。こちらは縦半分に切ったものが入るサイズ。
編集部員U「切り分けるときナイフが当たっても傷が気にならないし、そのまま卓上に出しておいてもかわいいし、バターが沁みて少しずつ色が変わっていくのも楽しい。そんな木製バターケースです。このサイズがまた秀逸なんです。」
バターがのったバターケース

Photo by macaroni

「新しいバターを買ってきたら箱を開けて銀紙をめくり、真っ二つに切り分けます。半分はバターケースに、残りの半分はラップで二重にくるんでから保存袋に入れて冷凍庫へ。バターは冷蔵より冷凍保存のほうが日持ちするのだそうです。ちょっとでも新鮮なバターを楽しみたいというすべてのバター好きに全力でおすすめします。」

生活をより楽しいものに♪

いかがでしたか? これから新生活を迎える方やおすすめの便利アイテムが知りたいという方の参考になればと思います!便利なグッズを買って、いつもの生活をより楽しいものにしてみましょう♪

特集

SPECIAL CONTENTS