【料理上手の台所 vol.63】時間がおいしくしてくれるもの。オカズデザイン愛用の調理器具たち。

料理と向き合い生活している食のプロに、おいしい料理づくりに欠かせない調理器具を訊く連載企画。今回ご紹介するのは、吉岡秀治・知子夫妻による料理とグラフィックデザインのチーム「オカズデザイン」の愛用品です。

Today's Foodie

左/吉岡秀治さん、右/吉岡知子さん

オカズデザイン/料理研究家、デザイナー 左/吉岡秀治さん、右/吉岡知子さん

2000年、吉岡秀治・吉岡知子が結成。“時間がおいしくしてくれるもの”をテーマに、シンプルで普遍的なもの作りを目指す。書籍や広告のレシピ制作、器の開発、映画やドラマの料理監修などを手がける。2008年より東京都杉並区にて、器と料理の店「カモシカ」を月に一度オープン、様々な作家の器の展示、季節の保存食の販売をはじめ、食にまつわる企画を開催。著書に、『二菜弁当』(成美堂出版)、『マリネ』(主婦と生活社刊)など。
現在放映中のNHK朝の連続テレビ小説『半分、青い。』料理指導を担当。

年経た家屋となじむもの。

年経た家屋となじむもの。

Photo by macaroni

京王線の桜上水駅から少し歩いた場所にある閑静な住宅地。品の良い家屋が整然と並ぶ路地のなかに、数十年という時間をタイムスリップしたかのような木造の家屋が建っていました。昭和の香りを色濃く残す建物を回り込むように庭先へ入ると、フードユニット「オカズデザイン」の吉岡知子さんが、待ちわびたように縁側に出て、「駅からだとちょっと距離がありますよね」と気遣うような表情でお出迎え。

日本を代表するフードユニットとして第一線で活躍するオカズデザインのおふたりにとって店舗でありアトリエでもある「カモシカ」。骨董品のように味を増した古民家には、その空間のためにあつらえたような調理器具が並んでいました。それらを惚れ惚れと眺めていると、「ここになじむものを選ぶようにしているんですよ」と吉岡秀治さん。どの品も、年月によってツヤを増した木造家屋の建材に溶け込むようになじんでいます。
今回は、そんな調理器具のなかから、特に手に取ることが多いというお気に入り5点について、その魅力、使い方などを教えてもらいました。

1.【包丁】大塚刃物鍛冶

1.【包丁】大塚刃物鍛冶

Photo by macaroni

「3年ほど前、鳥取でパン屋をしている友人のお店へ行ったとき、『大塚刃物鍛冶』の包丁をはじめて目にしました。すぐに友人に大塚さんを紹介してもらい、そのお人柄にも惹かれ最初の包丁をお願いしました。

大塚刃物鍛冶の包丁は、鋼なのに軽く、刃当たりがやわらかい。鋼ですからもちろん手入れは必要ですが、その手間が楽しいと感じるくらい愛着が湧いています。注文からできあがりまでに時間のかかる包丁なので、鳥取へ行くたびに引き取って、また次のものをオーダーする、ということを繰り返しています」

2.【まな板】オモト

2.【まな板】オモト

Photo by macaroni

「『オモト(omoto)』は道具職人の鈴木康人さんと布作家の鈴木智子さん夫婦のユニットです。このまな板は鈴木康人さんと絵付け作家のトモノイタさんのコラボレーションで生まれた品で、右下隅に焼き絵が入っているのが特徴。

サイズ感がちょうどよく、クマの絵がかわいかったので、展示を見かけたときに購入しました。まな板としてというより食器として使うことが多くて、葉物のサラダをこのクマが葉を食べているかのように乗せるなどして遊びながら使っています。こういう道具があると、料理をしていても楽しいですね」

3.【フライパン】アナロン「ヌーベルカッパー蓋付フライパン」

3.【フライパン】アナロン「ヌーベルカッパー蓋付フライパン」

Photo by macaroni

「フライパンは鉄やアルミ、銅など色々な素材で料理を使い分けています。ノンスティックのフライパンも持っていましたが、使う機会は多くはありませんでした。くっつかないメリットはありますが、たとえば時間をかけて育てていくとか……、そういう楽しみがないことにもの足りなさを感じていたんです。

そんなことを考えていたときカメラマンさんに教えていただいたのが、『アナロ(ANALON)』のフライパン。値段は少々張りますが、このフライパンのテフロンコーティングはすごく丈夫で、そうそう剥がれない。ノンスティックのフライパンでも育てる楽しみは得られるんだと教えてくれた逸品です」

4.【炊飯道具】宮伸穂「羽釜(飯釜)」

4.【炊飯道具】宮伸穂「羽釜(飯釜)」

Photo by macaroni

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

macaroni編集部

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう