イタリア料理の特徴と代表料理6種!コースの順番とマナー、食べ方まで

今さら「イタリア料理とはどんな料理?」と聞かれても……と思うほど、イタリア料理は日本でも定着してしまっています。フレンチに比べるとカジュアルな印象がありますが、実は格式高いコース料理になるといろいろ決まりがあるんです!では紹介していきます。

2018年7月7日 更新

カッフェ (caffè)・食後の飲み物

食後のコーヒーです。イタリアのコーヒーなので、ここで出されるのは基本的にエスプレッソ。

ディジェスティーヴォ (digestivo)・食後酒

最後は食後酒です。食後にゆっくり楽しむお酒で、「ディジェスティーヴォ」はイタリア語で消化を助けるもの、という意味があるのだそう。

イタリア料理のマナーと食べ方

パスタ

世界的にメジャーな食べ物、パスタ。気軽にマナーを気にせず食べることも多いですが、正式な食べ方は、フォークを使ってひと口ぶんを巻いて食べるというもの。

正式なマナーでは巻いてはダメ、という話もききますが、そんなことはありません。

また、日本では左手にスプーンをもち、スプーンの内側にフォークを当ててくるくる巻く、という方法がありますが、これは幼稚な食べ方。イタリアでは大人がするとちょっと恥ずかしいです。

スープ

スープなんてスプーンですくえばいいだけ、と思うかもしれませんが、意外と難しいんです。正式なマナーでは、スプーンを手前から奥へ動かしてスープをすくいます。

このときスプーンをお皿にぶつけて音を立てるのは不作法。音を立てないように飲みましょう。もちろん、お皿に口をつけるのはもってのほかです。
5 / 6

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

aaaharp

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう