結局太るの?太らないの?「そば」のダイエット効果について調べてみた

今回は、一時期話題となった「そばダイエット」の真理に迫ってみたいと思います。結局太るの?太らないの?具体的なカロリー量から、食べるときに気をつけたいポイントまで、そばとダイエットの関係を詳しく調べてみました。

そばのカロリーと糖質量

カロリー

そばのカロリーは、ゆでた状態で100gあたり132kcal。一人前あたりはだいたい170gほどなので、そばつゆなどを計算に入れない場合の一人前は224kcalくらいになります。

糖質量

そばの糖質量は、同じくゆでた状態で100gあたり24.0g一人前が170gだとすると、40.8gになります。

うどんとの比較

そばとの比較でよく出てくるうどんですが、実際のところカロリーや糖質量を比べるとどうなのでしょうか?見てみましょう。

カロリー(100gあたり)

そば(ゆで)  132kcal
うどん(ゆで) 105kcal

糖質量(100gあたり)

そば(ゆで)  26.0g
うどん(ゆで) 20.8g
同じ分量で比べると、実はうどんのほうがカロリーも糖質量も低いんです!どちらかというとそばのほうが低いと思っていた方、多いのではないでしょうか?

しかしこちらは、あくまで同じ量を比べた結果。うどんは一人前250gほどで、カロリーは263kcal、糖質量は52.0gまでにもなるので、そう考えるとそばのほうが低カロリー&低糖質と言えそうですね。

そばがダイエットにいいとされる理由

一人前だとうどんよりも低カロリーなそばですが、100gあたりだと高カロリー。なのに、どうして「そばダイエット」なるものがブームになったのでしょうか?

実は、ダイエット関連でよく目にする「GI値」が理由なんです。

GI値とは

食事をして糖を摂取すると、血液の中に流れ出します。つまり、血液中の糖度(血糖値)が上昇するのですが、GI値とは、血糖値が上がるまでのスピードを表した値なんです。値が高ければ早く、低ければ遅いことを意味します。

GI値が低いほど血糖値の上昇がゆるやかなので、満腹感が持続しやすく、ダイエットに適していると考えられています。

そばのGI値

そばのGI値は59。ちなみに、うどんは80、白米は84、食パンは91なので、これらの主食と比べると低いことが分かりますね。

そばの種類によってGI値は変わる

上で、そばのGI値は47と書きましたが、実はすべてのそばがそうというわけではありません。というのも、そば作りにはそば粉と小麦粉が使われており、配分の割合によってGI値が変わるためです。

もっともGI値が低いのは、そば粉100%の「十割そば」。種類によっては小麦粉のほうが多い場合もあるので、気をつけましょう。

そばを食べるときに気をつけたいこと

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

あれすーぱ

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう