アジア通に学ぶ!この夏行きたい「マレーシア」を存分に楽しむ方法

今年の夏の旅先は東南アジア「マレーシア」はいかがでしょう?グルメ天国で食べ歩きを楽しんだり、大型ショッピングセンターでお買い物三昧!さらに星付きホテルに格安で泊まれちゃうのがマレーシア!渡航10回を超えるマレーシア好きの筆者がナビします。

マレーシアってどんなとこ?

東南アジアの中心に位置するマレーシアは、観光大国。都会的な「クアラルンプール」、グルメとアートが魅力の「ペナン」、自然が多く残る「ランカウイ」……と、それぞれ違った顔を見せてくれます。

いずれも首都から国内線で1時間とアクセスがよく、クアラルンプール経由でランカウイやペナンへ足を延ばすこともできちゃうんです。

今回はエリア別に、グルメやおすすめスポットをご紹介します!

マレーシアのここがすごい!

魅力1:なにを食べても外さないフード!

魅力1:なにを食べても外さないフード!

Photo by muccinpurin

旅先で楽しみなのがその土地のグルメ。おいしいものを食べるために旅行しているといっても過言ではありません。

マレーシア系、インド系、中華系と多民族国家のマレーシアでは、それぞれの文化の影響を受けたグルメが満載です。

魅力2:物価が安く、ホテルやフードもリーズナブル!

魅力2:物価が安く、ホテルやフードもリーズナブル!

Photo by muccinpurin

物価が日本の1/3ほどといわれるマレーシアでは、驚くほどの値段で星付きホテルに泊まることができます。いつもは手が届かない高級ホテルで、優雅な時間を過ごせちゃいます♪

お買い物やグルメももちろんコスパ抜群。かわいい雑貨やフードを思う存分楽しめます!

それではマレーシア内のエリアを詳しく見ていきましょう!

1. クアラルンプール

マレーシアの首都、クアラルンプール。国際空港からタクシーで約1時間、鉄道で約30分で到着します。

大型ショッピングモールが立ち並び、少し歩けば食べ歩きできる屋台街があったりと、まるで街全体が大きなアミューズメントパークのよう。

クアラルンプールのシンボル「ツインタワー」は、有名なフォトスポットです。

1-1. 世界最安のリッツカールトンで絶品飲茶

世界一リーズナブルに宿泊できる「リッツカールトン・クアラルンプール」。なかでも注目は中華「麗苑」で味わえる飲茶ランチです。

揚げ春巻きにシュウマイ、北京ダック……。大満足の飲茶にマンゴープリンやプーアール茶まで付いて、一人約2,000円!

人気店で混雑しているので、予約してから行くのがおすすめですよ♪

1-2. カラフルなモスクで心を整える

イスラムを国教としているマレーシアには、数多くのモスク(礼拝堂)が存在します。ブルーモスクはクアラルンプールのメインエリアから、電車かバスで約50分。マレーシアで最も美しい建造物のひとつといわれています。

荘厳な雰囲気のモスクは、心が凛とする不思議な空間です。
クアラルンプールから電車で30分ほどの場所にある、ピンクモスクは青い空とのコントラストがとても美しく、観光客にも人気のスポットです。

モスクはイスラム教徒にとっては、とても神聖な場所。館内に入るときは無料貸し出しのマントを羽織り、肌の露出を極力避けます。また、お祈りのある金曜日は見学不可なので注意してくださいね。

1-3. お土産は見た目もキュートな「BOH TEA」

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

muccinpurin

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう