ライター : senaccori

大学時代から食について興味があり、管理栄養士の資格を取る為に勉強していました。 また社会人になってからはベルギー移住を目指して、お寿司学校にも通いました。 旅で出会った美味…もっとみる

おうちでもおいしい抹茶パンが食べたい!

抹茶を使ったお料理は、今や年代性別を問わず人気ですよね。この記事では「食べたい!」と思い立ったときにお取り寄せできる、絶品「抹茶パン」を5選ご紹介します。 コーヒーや温かいお茶と一緒に、こだわりの抹茶パンを楽しんでみませんか♪

1. MIYABI「抹茶大納言」

1,294円(税込)
大粒の小豆がたっぷり入った、贅沢感たっぷりの抹茶デニッシュ。こちらは皇室にも献上されている、由緒正しきベーカリーショップ「MIYABI(みやび)」のデニッシュパンです。 北海道産大納言を混ぜた京都宇治抹茶の生地と、特製ミルクフレーバーのマーガリンで作られるこちらのデニッシュパンは、とにかく上品な味わい。マーガリンのやさしい風味がクセになりますよ♪
そのまま食べてももちろんおいしいですが、電子レンジで数十秒温めると、なかのバターとマーガリンが溶け出し、ふわふわ焼きたての味に近くなりますよ。想像しただけでよだれがでそう……♪

2. ボローニャ「デニッシュ食パン(1.75斤)」

1,080円(税込)
京都・祇園発祥のデニッシュパン専門店「ボローニャ」は、独自の製法で手作りしているんです。軽くトーストするだけで外側はサクサク、内側はふわりと焼きたてのようなおいしさを楽しむことができます。 「このデニッシュを食べて、お客様の日常に幸せな気分をもたらすことができれば」という生産者の願いがこめられたパンは、結婚式の引菓子としても人気なんだとか♪
抹茶の奥深い香りと、デニッシュパンのほんのりとした甘さが食欲をそそります。なんと、断面は81もの層があるとのこと。空気をたっぷり含んだ、ふんわりとした食感を楽しむことができますよ。 お好みで電子レンジで20秒弱温める、もしくはオ-ブントースターで軽く焦げ目が付く程度に焼くと、より香りが際立っておいしくなりますよ。

3. ベーグル&ベーグル「抹茶ホワイトチョコベーグル」

あの有名ベーグルブランド「ベーグル&ベーグル」のもちもちした食感を、お家でも楽しめちゃいます♪ ほろ苦い抹茶生地に、ホワイトチョコチップが練りこんであるので、抹茶の渋みが苦手な方でも食べやすそうですね。こちらのベーグルは、焼く前に生地をボイルするので、自然解凍してももちもちの食感が維持できるのだとか。 一般的なパンよりもローカロリーなので、ダイエット中の方にもおすすめですね。
トーストしたあとに、抹茶やあんこを添えれば和風デザートに変身♪ 外側のカリカリ食感と、抹茶生地にほどよく溶けるホワイトチョコレートの組み合わせは、間違いなくおいしいですね。 実際に食べた人の口コミでは、「ちゃんと抹茶の味がして嬉しい」「ホワイトチョコのミルキーな甘さが、抹茶生地のバランスとすごくいい」と大好評!朝食にもおやつにもよさそうですね♪

4. カメパン「ふわっと抹茶あんぱん」

「ふわっと抹茶あんぱん」の生地には、スッキリとした風味が特徴の「奈良の大和茶」、あんこには「北海道十勝の特製つぶあん」が使用されています。 あんこは甘さ控えめであっさりとしているので、甘いものが苦手な方でもおいしく食べられるように工夫されているんですよ♪ たっぷりとかかった黒ごまも芳ばしく、あんぱんのおいしさをより引き立ててくれます。
実際に食べた方からは、「きめ細かくて上品な甘さのあんこが、抹茶のほのかな苦味と相性抜群!」「ふわふわのパン生地に甘すぎないあんがやみつきになる!」と、甘さ控えめな上品な味わいに夢中になる人が続出!一度食べたら、虜になること間違いなしですね♪

5. 清水屋「抹茶と小豆のマーブル食パン」

店頭に並ぶと、すぐに売り切れてしまうという清水屋の「生クリームパン」。その驚異の人気ぶりから「幻のスイーツパン」というキャッチコピーまでついているんです。 パンの生地は、解凍時間によって、異なった食感を楽しむことができますよ。たっぷりと入った抹茶の生クリームは、北海道産の濃厚生クリームを使用しているので、コクのある上品な味わいに仕上がっています。
実際に食べた方の感想によると、「甘すぎず重すぎないので、クリームパンが苦手な人でもとても食べやすい」「抹茶の独特の苦味がなく、まろやかでとてもおいしい」と、リピートして購入する人も多いようです。 これからの暑い季節にぴったりなひんやり生クリームパンは、お客さんに出しても喜ばれそうですね♪
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ