定番常備菜の仲間入り。「酢ごぼう」の基本の作り方&人気アレンジ

「酢ごぼう」の作り方をご紹介します。ごぼうの素朴な風味、ポリポリとした食べごたえのある食感は飽きのこない副菜ですよね。お祝い膳にも取り入れられ、何かと便利に使える酢ごぼうをマスターして、ご家庭の定番常備菜に加えてみてくださいね。

2019年8月26日 更新

常備菜「酢ごぼう」の基本の作り方

青と白の皿に盛られた酢ごぼう

Photo by ako0811

酢ごぼうは日持ちもして、また時間が経過するごとに奥深い味わいを楽しめる「作り置き」にぴったりのおかずです。ポリポリ……と、つい箸がのびてしまう不思議な食感。

箸休めにも、お弁当のおかずやお酒のアテにも何かと便利に使えるのでこの機会にぜひ基本の作り方や上手な保存方法などをマスターしてくださいね。

材料(ごぼう1本分)

まな板にのったごぼうと4つの調味料

Photo by ako0811

・ごぼう……1本分
・白だし醤油……大さじ2杯
・お酢……大さじ3杯
・みりん……大さじ2杯
・すり胡麻……大さじ2杯

下準備

1. ごぼうの皮をそぎ落とします。

ごぼうを洗っている様子

Photo by ako0811

土付きのごぼうは流水できれいに洗って泥を落とします。
ごぼうの皮を向いている様子

Photo by ako0811

ごぼうはたわしでこするか、もしくは包丁の背で表面だけをそぎ落として薄くむくことができます。

むずかしい場合は、アルミホイルをくしゃくしゃっと丸めて、全体をこするとたわし代わりになり表面をきれいにすることができますよ。

2. ごぼうをカットし水にさらします。

ごぼうを縦に切っている様子

Photo by ako0811

ごぼうは食べやすい大きさにカットします。今回は太いごぼうなので縦に半分にカットしてから5cm幅、1cm角のスティック状にしています。太いごぼうの場合は、麺棒で表面を軽くたたいてからカットしてもよいでしょう。より味がなじみやすくなりますよ。

根っこにかけて細くなっている場合がほとんどです。全体が同じサイズになるように調節してください。
ごぼうを水に浸しているようす

Photo by ako0811

ごぼうは、カットしたそばから変色しますのでたっぷりの水にさらしておきます。お湯を沸かす時間(5分程度)でOKです。
1 / 5

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

ako0811

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう