骨も食べられる…!? 噂の「チキン型チョコレート」が五度見レベル!!

清澄白河駅から歩いて10分ほどの場所にある、ギャラリーのようなチョコレート専門店「アーティチョークチョコレート」。こちらのチョコレートは産地にも製法にもこだわりがつまっています。中でも今回は"チキンのようなチョコレート"に注目です!

まるでギャラリーのような外観

いま注目を集めている街、"清澄白河"。そこに、カカオの仕入れからすべて手がける"ビーントゥーバー製法"でチョコレートを作っている「アーティチョークチョコレート(Artichoke chocolate)」があります。

最寄り駅は半蔵門線の清澄白河駅B2出口、もしくは大江戸線清澄白河駅A3出口。どちらの出口からもだいたい徒歩15分以内です。ゆっくり清澄白河の町並みを散策しながらお店に向かうといいですね♪
壁面の木箱にもチョコレートが並んでおり、陳列方法はまるでミュージアムギャラリーのよう。

ギャラリーのような外見と店内のシンプルさに、「本当にチョコレート屋さん?」と思ってしまいそうです。 

通りかかっただけでは何のお店かわからず、何屋さんか聞いてくる方もいるのだとか。

注目すべきメニューは「チキン型チョコレート」!

気になりすぎて、つい買ってしまう!というくらい見た目がチキンにそっくりなチョコレート。白い骨の部分までチョコレートでできており、お肉の部分にはナッツやドライフルーツが入っているので食感も楽しめるチョコレートです。

いざ食べるというときに、自分でウッドボードにのせてみたり、フォークとナイフを準備することで、より本物のチキン感が楽しめそうですね♪
やはり、一番目を引くのはこのチキンにそっくりな見た目ですよね。また、インパクトある見た目だけでなく、お味もとってもおいしいため、サプライズギフトとしても人気なんです。

クラフトチョコレートというとお高めな印象ですが、こちらは「お手頃で買いやすい」と評判!

春~秋限定の必見パフェ

パフェは期間限定とのことなので、訪れたら絶対に食べたい一品です。中でも「パフェ・ティラミス」は、チーズとチョコレートアイスクリーム、コーヒーゼリーのマリアージュが楽しめる大人の味。

チーズのアイスクリームは清澄白河の「チーズのこえ」で取り扱っている北海道産のチーズを使用しているとのこと。

さらに同じパフェでも月ごとにマイナーチェンジをしているとのことなので、毎月通いたくなってしまいそうです!

ボンボンショコラ

人気メニューのひとつ、ボンボンショコラ。気になる夏の新作は、「モヒート」と「ピニャコラーダ」です。カクテルをテーマに作ったというこちらのチョコレートは夏の暑い時期にぴったりなチョコレート。

自分へのご褒美としてはもちろん、お酒が好きな人へのギフトしてもぴったりです。

トリュフ

クラフトチョコレートで作ったガナッシュを、さらにクラフトチョコレートで薄くコーティングして作られたトリュフ。ひと口サイズに凝縮されたそのおいしさは、食べるのがもったいなく感じてしまいそうですね。

種類もバニラ、コーヒー、抹茶……とたくさんあるので、どれを食べようか迷ってしまいますね。

ギフトにもぴったりなアーティチョークチョコレート

いかがでしたでしょうか。クラフトチョコレートの概念が覆されるような「アーティチョークチョコレート」のチョコレートたち。

チキン型チョコレートはもちろん、そのほかのチョコレートも目を引く美しさなのでギフトや自分へのご褒美にもぴったりです。

季節によって少しずつ材料や種類をマイナーチェンジされているようですので、近くにお立ち寄りの際は、ぜひ訪れてみてくださいね。

店舗情報

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

chocoholic

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう