肉×コーヒーの斬新コラボ!ガストロパブ「COVER」恵比寿にオープン

2018年6月23日(土)、ガストロパブ「COVER」が恵比寿にオープンします。イチオシは、豪快に調理した肉に特製エスプレッソソースがかかった「エスプレッソグリル料理」。身体に優しい食文化も取り入れた、全く新しいガストロパブをご紹介します。

2018年6月14日 更新
この記事は、豊かなフードライフを演出するWEBメディア「dressing」の提供でお送りします。

新感覚の肉系ガストロパブ『COVER』が恵比寿にオープン!

ドライバーなら一度はお世話になったかもしれない、首都高パーキングエリアを管理する『首都高速道路サービス株式会社』が2018年6月23日(土)より飲食店を恵比寿にオープンさせる。その名も、MEAT GASTROPUB(肉系ガストロパブ)『COVER(カヴァー)』。

ガストロパブとは、レストラン型のパブのことで、バールよりも食事に対する比重が高く、家族で楽しめる新しい業態のこと。首都高速道路を管理する会社の運営する飲食店ががどのような料理を提供していくのか、気になるメニューを紹介していこう。

アメリカ、イタリア、韓国の食文化が融合した「エスプレッソグリル料理」とは?

『COVER』がイチ押しするメニュー「エスプレッソグリル料理」は、豪快に肉を焼き上げるアメリカのBBQ文化とイタリアのエスプレッソ文化、さらには身体に優しい韓国の食文化という3国の異なる文化が融合した新しいスタイルの料理。

肉をオリジナルのエスプレッソBBQソースに付けてじっくりと焼き上げることで、外側はカリッと香ばしく、内側はやわらかく仕上がり、肉本来の味を存分に味わうことができる。また、エスプレッソのオイルをかけて食べることで余分な脂分が取り除かれ、エスプレッソを飲んだ後のような、さっぱりした深みのある味わいになるのも特徴だ。

“身体に良い肉料理”がコンセプト! たくさん食べても身体に優しいのも魅力

韓国では、プラス(身体を暖める)の食材と、マイナス(体内の熱を逃がす)の食材を一緒に摂ることで体内の吸収と循環を促すという食習慣が存在するほか、摂取する食物の色によって身体のバランスを整えられるとも言われている。『COVER』ではその食習慣を取り入れ、「バックリブ」や「ショートリブ」、「アイスバイン(ふくらはぎ)」と呼ばれる牛肉や豚肉のさまざまな部位と共に、植物性油を使用した無添加オリジナルオイルと野菜たっぷりのサラダを提供してくれる。

夏に向け、体型を気にする方も増えるこの時期、たくさん食べても身体に優しい「肉料理」はとても魅力的。
『COVER』のオープンまで待ちきれない!

COVER(カヴァー)

上記は取材時点での情報です。現在は異なる場合があります。
提供元:

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

dressing

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう