オープンキッチンのメリット&デメリットとは?押さえるべきポイントも

オープンキッチンにはいくつかの種類があるってご存知ですか?広くて使いやすいオープンキッチンは理想のデザインやリビングの大きさなどに合わせて選ぶのがおすすめです。オープンキッチンの種類からメリット・デメリットを考えていきましょう。

2018年11月25日 更新

2. 家族団らんにピッタリなくつろぎ空間

アイランドキッチンから続くダイニングテーブルは、そのまま配膳ができてとても便利。家事の同線がスムーズになるのも、オープンキッチンの魅力ですね。

調理する人と食事をいただく人、リビングで過ごす人すべてが同じ空間で過ごせ、家族の気配を常に感じながら過ごすことができます。

3. ちょっぴりシックなペニンシュラ型

濃い木目を基調としたシックなデザインが特徴のオープンキッチンです。ツヤ感のある素材は高級感が出て、キッチンが特別な場所になります。

ダイニング・リビングで過ごす家族を見ながら調理できるので、小さい子どもがいるご家庭にもおすすめのキッチンです。

4. 清潔感のある白で明るいキッチンに

白を基調としたペニンシュラ型のオープンキッチンは、生活感をほどよく感じ、親しみやすい印象です。どんなリビング・ダイニングにもマッチするので、取り入れやすいともいえます。

また清潔感があるのでクリーンなキッチンを演出したい人にもおすすめです。

オープンキッチンで家族の「食」をさらに楽しく

オープンキッチンは使い勝手がよいだけでなく、家族が集まる場所として活用することもできます。調理する人も食事をする人もみんなが気持ちよく過ごせる空間こそが、オープンキッチンなのです。

オープンキッチンにはさまざまなデザインやタイプがありますので、理想のオープンキッチンを見つけて家族の時間をより深めてみましょう。
▼よろしければこちらの記事もご覧ください
4 / 4

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

manaminmin

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう