ライター : ☆ゴン

カフェやレストランなど外食関連の紹介記事を中心に、豆知識やおいしい料理のレシピなど、皆さまのお役に立つ情報を発信したいと思います。

オープンキッチンとはどんなキッチン?

昔から台所と呼ばれる独立型キッチンで煮炊きなどの調理をし、できた料理を壁をへだてた隣りの食卓に運ぶのが一般的でした。近年になるとライフスタイルの西洋化によって、キッチンと食卓が1室にあるダイニングキッチンが生まれます。

さらにリビングを併設した、リビングダイニングがいまでは一般的。このようにダイニングやリビングと同一室内にある、壁で遮られていない開放的なキッチンを「オープンキッチン」と呼びます。

オープンキッチンには壁付けと対面式がある

いまや独立型キッチンはほとんどなく、食卓やリビングと同じ室内にあることが大半です。そういう理由から、従来からある壁付けタイプも広義ではオープンキッチン。つまりどの家庭でも、オープンキッチンを備えていると言って差し支えありません。

シンクやコンロ、調理台を天板でつないだシステムキッチンタイプが主流で、その形状と種類、設置場所はさまざまです。ここからは壁付けと対面式の2種類に分けて、天板の形状やキッチンの種類などを紹介します。

壁付けオープンキッチンの種類

キッチンといえば壁に設置するのが基本中の基本。壁があることで水道とガスの配管、電気配線、吊戸棚やレンジフードの設置などの工事がしやすく、すっきりと収まるからです。料理作りに集中しやすいため、いまでも根強い人気がある壁付けキッチンを、天板の形状別に見てみましょう。

ポピュラーなキッチン天板の基本「I型」

シンクとコンロ、調理台などを横一列に、ワークトップと呼ばれる天板でつないだシステムキッチンのこと。天板の形がアルファベットの「I(アイ)の字」であることから、I型と呼ばれるもっとも定番なキッチンの基本形状です。

メーカーごとに、さまざまなサイズやレイアウトがそろっている万能型キッチン。小さなダイニングキッチンから大きなリビングダイニングまで、部屋のサイズを選びません。

室内が広めのキッチンにおすすめ「L型」

室内のコーナーで天板を直角に曲げて、「L(エル)の字」にしたものをL型キッチンと呼びます。天板下のレイアウトは自在ながら、ほとんどの場合はコンロとシンクが同じ列ではなく、別の列に配置されているのが一般的です。

室内はある程度の広さを必要とするので、狭小なダイニングキッチンには不向き。I型よりも作業スペースが多く、効率よく動けるため、料理好きな人に特に好まれるキッチンです。

「U型」や「Ⅱ型」などのキッチンもある

天板がコの字形になったU型や、I型が2列のⅡ型(セパレート型)と呼ばれるキッチンもあります。オーダーメイドでない限り、U型はそのほとんどがI型とL型を組み合わせたもの。

どちらも室内に袖壁を作ってそこに壁付けすることがありますが、いまでは一部を対面式にしたタイプのキッチンがほとんどです。このあとの「対面式オープンキッチンの種類」でも、あわせて解説しています。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ