長く使える♪ ホーロー容器4つの特徴とおすすめアイテム6選

ホーロー容器は、お料理や調味調入れ、食器としてなど幅広い用途で使える便利なアイテムです。見た目もおしゃれで洗練されたものが多くあるので、お気に入りのホーロー容器を見つけてセンスよく生活を演出してみませんか?実用的でもあるホーロー容器の魅力に迫ります。

2019年2月21日 更新

素材の味や風味を逃さない

ホーロー容器はきちんと密封すれば、その素材の風味や味、質をしっかり逃しません。そのため、調味料や食材の保存にとても向いています。

お料理以外にも♪ ホーロー容器の活用法

そのまま食卓へ

パンやバナナを調理したホーロー容器

Photo by Snapmart

おしゃれで様になるホーロー容器は、そのまま食卓へ並べても大丈夫。なんてことないお料理でも、味わい深く演出できるでしょう。

いろいろな種類のホーロー容器をそろえておけば、食卓が華やかになりそうですね。

米びつとして

お米を入れたホーロー容器

Photo by Snapmart

ホーロー容器は湿気にも強いので、お米の保存にもよいでしょう。中には米びつとして販売されているホーロー容器もあるようです。

上手の保存するポイントは、ホーロー容器の蓋をしっかし閉めて、冷暗所に置くこと。おいしいお米を長くキープできますよ。

お料理にも

コンロにかけている白のホーロー容器

Photo by Snapmart

ホーロー容器は直火にかけることができます。そのため、お料理に活用することも可能。煮物などに使用すれば、保温性の高さからおいしく仕上がるかもしれません。

ただし、焦げやすいのもホーロー容器の特性なので、お料理の際には注意してください。
2 / 5

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

manaminmin

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう