酢のものからサラダまで!きゅうり×わかめの人気レシピ17品

きゅうりとわかめはご家庭に常備されている定番コンビ食材!どちらもお味の主張が少なく、どのような食材とも相性抜群です。今回は簡単な酢のものからサラダ、そしてメインのおかずやスープ類まで、いろんなお料理に大変身したレシピをご紹介していきます。

2020年1月20日 更新

きゅうりとわかめを使ったレシピ17品

1. まずは定番!「きゅうりとわかめの酢のもの」

きゅうりとわかめの定番といえば、まずは酢のものが思い浮かぶ人が多いのではないでしょうか。下準備をした食材と合わせ酢を混ぜるだけで完成するので、忙しい日のひと品追加メニューとして便利ですね。 合わせ酢にしょうが汁を加えることで、お味にさらに深みが増しますよ。

2. ごま油を加えてひとひねりアレンジ「きゅうりとわかめのナムル」

こちらのレシピも先程と同じように、食材を下ごしらえしたあとにタレと和えるだけ。タレは砂糖で甘みをだすのではなく、ごま油と塩がお味の決め手です。甘酢系よりもしっかりとした味付けとなり、ごはんのおかずになりますよ。 点心や酢豚など、中華風メニューのお供にぴったりと言えるでしょう。

3. コリコリとした食感がやみつきに!「茎わかめのごまマヨ和え」

コリコリとした食感が楽しめる、茎わかめを主役とした和えものです。スーパーなら鮮魚コーナーの海草類に、塩漬けで置いてあることが多いですよ。普段よく見る乾燥わかめよりも、歯ごたえと存在感がありますね。 ちくわやマヨネーズと和えれば子ども受けもよく、ワサビを入れれば大人のおつまみにも♪

4. 簡単ボリュームアップ「めんつゆマヨの春雨サラダ」

Photo by macaroni

きゅうりとわかめはどちらもお味の主張が少なく、どのような食材とも合わせやすいですね。そんな定番コンビに春雨とカニかまぼこ加えてボリュームアップさせましょう。めんつゆマヨのやさしい味わいで、お酢の酸味が苦手な方もおいしくいただけます。

5. スライサーで華やか盛り付け上手「ひらひらきゅうりのサラダ」

きゅうりの切り方をちょっと変えるだけで、いつものお料理がおしゃれに大変身!むずかしいテクニックの必要な飾り切りではなく、こちらのレシピはスライサーで縦方向に切るだけ♪ 盛り付けたときに立体的なボリュームがでることで、見た目が一気に華やかになります。

6. 存在感ある彩りメニューに変身!「トマトときゅうりとわかめの中華サラダ」

むずかしい工程はなく、切ってポン酢で和える簡単サラダ。トマトの赤ときゅうりの緑で彩りゆたかになり、食卓がぱっと華やかになりますね。 具材にはツナ缶を油ごと入れることがポイントで、ツナの濃縮されたうま味が堪能できます。箸休め役になりがちなきゅうりやわかめも、存在感あるサラダにランクアップ!
1 / 3

特集

FEATURE CONTENTS