二郎系サラダラーメンと命名したい、千里眼の冷やし中華が超うまかった

東北沢にあるラーメン屋千里眼が今年の「冷やし中華」をそろそろ終了するそうで、夏の終わりに食べてきました。野菜が超たっぷりで見た目インパクト大な冷やし中華は、ラーメン二郎がサラダを作った感じでしょうか。気になる方は行ってみてください。

こんにちわ、narumiです。

大好きなラーメン屋、千里眼が今年の「冷やし中華」をそろそろ終了するそうです。ご覧のとおり、二郎っぽい太麺・にんにくに、野菜が超たっぷりで見た目インパクト大な冷やし中華なのです。
これは行っておかなければと、16時すぎに会社をこそっと抜け出しました。場所は代々木上原と駒場東大前と東北沢などから等間隔で徒歩10分くらい。
千里眼 (センリガン) - 東北沢/ラーメン
http://tabelog.com/tokyo/A1318/A131811/13099150/
面倒なので渋谷からタクシーで向かいます。約15分ほどで到着。近い近い。
開店10分前ですが、すでに6人並んでいます。「冷やし中華」終了のアナウンスが出たあとだしもっと混んでるかなーと思ったけど、そんなことはなかった。1巡目でいけますね。
17時の開店とともに、あっさり入店。注文はもちろん「冷やし中華」。トッピングなどは同じ日のお昼に行った同僚のLINEを参考に。
まずは別皿でトッピングの豚と辛揚げ。辛い味のついた揚げ玉です。
そしてヤサイマシマシ、ニンニク、味玉トッピングの冷やし中華(麺少なめ)。すごい高さ。iPhoneの画面にいっぱいになります。サラダにしか見えない。
とりあえず上から野菜を食べていく。シャキシャキの大根、人参、紫キャベツの千切りに胡麻ダレがマッチしていて相当うまいサラダ。
さらに食べ進める。まだこの時点ではサラダです。炭水化物を食べるまえに野菜を摂るのはとても大事。不足しがちなビタミンを補うためにもこの冷やし中華は嬉しいメニュー。血液がさらさらになっていくのが実感できます。
鶏肉をぺろっといただき、にんにくを混ぜつつ、さらにサラダを食べ進めます。そろそろ麺に取りかかろうかというところ。
濃厚なスープが絡む太麺は、サラダを食べた後でもなおシャープなコシ。かなりの噛みごたえがあり、冷やしにぴったり。ここからは二郎っぽいこってりさも加わってきてさらに美味い。写真を撮り忘れてしまうくらいです。

お店を出たら、やっぱり並んでない。

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

narumi

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう