【日々の味付け帖 vol.51】「おかわり!」を呼ぶひと味。ごはん同盟が愛用する調味料たち

料理と向き合い生活している食のプロに、日々の食卓に欠かせないお気に入りの調味料を訊く連載企画。今回ご紹介するのは、羽釜を背負って日本全国を飛び回っている炊飯系フードユニット「ごはん同盟」のおふたりの愛用品です。

Today's Foodie

左:しらいのりこさん、右:シライジュンイチさん

ごはん同盟/炊飯系フードユニット 左:しらいのりこさん、右:シライジュンイチさん

ごはん好きの、ごはん好きによる、ごはん好きのための、炊飯系フードユニット。「おかわりは世界を救う」の理念のもと、日夜、ごはんをおいしく食すための方法を生み出し、その成果を多くのごはん好きに共有するべく、さまざまな活動を行っている。雑誌を中心にレシピを発表するほか、炊飯ワークショップや料理教室なども精力的に開催。著書『忙しい朝でもすぐできる ごはん同盟のほぼごはん弁当』(家の光協会刊)が好評発売中。

おいしいごはんのための味

ごはん同盟のしらいのりこさんが塩おにぎりをにぎっている様子。

Photo by macaroni

あなたがいつも食べている“ごはん”、自信をもっておいしいと言えますか?

ごはんは主食であり、つまりは食事の主役でもあります。そんなごはんをおいしく食べることにこだわったら、日々の食卓はさらに大きな喜びを感じられるものとなるはず。

では、おいしいごはんを食べるにはどうしたらいいの?

それを知る人を増やすための活動を行っているのが、「ごはん同盟」のしらいのりこさんとシライジュンイチさん。羽釜を担いで全国を飛び回り、各地で料理教室やワークショップを行っている炊飯系フードユニットです。活動歴は7年を数え、最近はメディアへ露出する機会も増加中。「おいしく炊ける人を増やしてお米の需要を増やしていきたい」と、大好きなごはんの魅力を精力的に全国へ発信しています。

今回は、ごはんを好きなことでは右に出る者がいないと評判の高いおふたりに、「ごはんをおいしく食べるために選んだ」という愛用品を見せてもらいました。

1.【塩】小笠原の塩「自然塩 小笠原の塩」

「自然塩 小笠原の塩」。ごはん同盟のおふたりの愛用品。

Photo by macaroni

「こちらの塩は、おむすびなどによく使っています。手ざわりがふわっとしていて、食感も塩気もまろやか。お米になじみやすいので塩おにぎりにぴったりなんですよ。

買える場所は少ないというほどではなく、入手しやすいところもいい。安い塩ではありませんが、調味料の品質は値段に比例する部分がありますし、こういうものがあるだけで日々の食事の満足感は高くなりますね」

2.【塩】藻塩工房「讃岐の粗藻塩」

藻塩工房の「讃岐の粗藻塩」。ごはん同盟のおふたりの愛用品。

Photo by macaroni

「藻塩工房の『讃岐の粗藻塩』は仕上げ用として使っていて、フライや天ぷら、サラダなどに最後のひと振りをするとおいしい。粒が荒いので、旨みだけでなく食感も加わり、良いアクセントとなります。『ゲランドの塩』のような、食感を楽しむための塩ですね」

ITEM

藻塩工房「讃岐の粗藻塩」

内容量:100g

¥660 ※2018年6月27日時点
価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

3.【酢】村山造酢「千鳥酢」

村山造酢の「千鳥酢」。ごはん同盟のおふたりの愛用品。

Photo by macaroni

「これというクセがなく、酸味がほどよくてまろやか。いろいろな米酢を試してみましたが、『千鳥酢』は料理の味を邪魔しない。米酢の中では一番使いやすい味だと感じています。

ちなみに、寿司酢にこの『千鳥酢』を使うこともあります。ごはん2合分に対しての分量は、酢 大さじ3:砂糖 大さじ2:塩 小さじ1。これをベースに、使う材料に合わせて味を調整していくと、おいしく仕上がります」

ITEM

村山造酢「千鳥酢」

内容量:900ml

¥650〜 ※2018年6月27日時点
価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

4.【酢】ミツカン「純酒粕酢 三ツ判山吹」

ミツカンの「純酒粕酢 三ツ判山吹」。ごはん同盟のおふたりの愛用品。

Photo by macaroni

「210余年前、ミツカンの創業者・初代中野又左衛門が酢飯用のお酢としてつくり上げた粕酢。中でも品質上位のものに、『三ツ判 山吹』の名が与えられていました。この『純酒粕酢 三ツ判山吹』は、その歴史ある味を昔ながらのつくり方で復刻したというお酢です。

色は濃いですが、味わいはまろやか。時間をかけて熟成させたことで、芳醇な風味とともに深い旨みが感じられます。十分な旨みがあるので、このお酢で酢飯をつくるときは、砂糖はひかえめ。マグロのお寿司に使ったり、ワークショップで赤酢の寿司飯のつくり方をレクチャーするときに使ったりしています」

ITEM

ミツカン「純酒粕酢 三ツ判山吹」

内容量:900ml

¥964〜 ※2018年6月27日時点
価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

macaroni編集部

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう