店舗情報

■店舗名:GARB CENTRAL(ガーブ セントラル) ■最寄駅:東京メトロ赤坂見附駅から徒歩1分 ■電話番号:03-5275-1210 ■営業時間: 【月~金】 ランチ 11:00~14:30(L.O.14:30) カフェ 15:00~17:00(L.O.16:30) ディナー 18:00~23:30(L.O.22:30/ドリンクL.O.23:00) 【土・日・祝日】 モーニング 8:00~10:45(L.O.10:30) ランチ 11:00~15:00(L.O.15:00) カフェ 15:00~18:00 ディナー 18:00~23:00(L.O.22:00、ドリンクL.O.22:30) ■定休日:不定休日あり ■禁煙・喫煙:全席禁煙 ■wifi:あり ■公式HP:http://www.garb-central.jp/

13. 【池袋】卵のおいしさを堪能できる「エッグ東京」

ニューヨーカーのみならず世界中の人々が訪れる、オールデイブレックファースト店「egg(エッグ)東京」は、2017年日本初上陸したブルックリン発の卵料理が中心のレストランです。 オーナーが掲げるモットーは、"朝食ぐらいゆっくりと時間をかけてリッチに食べよう" ということ。そんなモーニングを提供してくれる「egg東京」の朝食は、いかがでしょうか。
「egg」の看板メニューは、やはり卵を使ったエッグロスコ。 この「卵」は、自由に動き回っているヘルシーなニワトリから産まれたもののみを使用しています。 野菜はニューヨーク郊外に畑を持つ地元の友人農家から調達し、ミルク、バター、ヨーグルトは、11年間にも渡り同じ友人から仕入れているとのこと。 こだわりがつまった素材で作られるプレートは、味も格別です。

エッグロスコ

1,800円(税抜)
エッグロスコは、デニッシュパンのなかに卵を落とし、ホワイトチェダーチーズをたっぷりかけて焼き上げた看板メニュー。 さっくりふわふわ食感のデニッシュからは、半熟卵がとろけ出します。 そのほかに、「ケールと季節の青野菜」「自家製ポークソーセージ」「キャンディーベーコン」「グリルベーコン」からサイドディッシュも選べます。 栄養のバランスが取れた、新鮮朝食ですね。

店舗情報

■店舗名:egg(エッグ)東京 ■最寄駅:有楽町線/副都心線池袋駅から徒歩5分 ■電話番号:03-5957-7115 ■営業時間:8:00~21:00(L.O.20:00) ■定休日:第5月曜日 ■禁煙・喫煙:店内全面禁煙 ■wifi:あり ■公式HP:https://egg-restaurant.gorp.jp/

14. 【築地】贅沢な魚介をリーズナブルに「築地虎杖(つきじいたどり)別館」

最後にご紹介するのは、魚好きにはたまらない築地の朝食です。なかでも新鮮で豊富な魚介類をリーズナブルにたっぷり食べられるのが「築地虎杖(つきじいたどり)」。店舗はたくさんあるので、お好きなところを選んで入れます。 朝は7時から営業しているのも、嬉しいポイントです。
店内は、場外市場の細い路地を入ると出現する築地ならではの雰囲気を楽しめるカウンター席と、路地の奥にひっそりと佇む隠れ家感たっぷりのテーブル席があります。

極之海鮮丼

4,280円(税抜)
食べたいもの全部。築地だからこそ味わえる贅沢感をどうぞ。築地ならではの魚介はもちろん、野菜も新鮮。銀座の高級店でも使われる食材を食べられます。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ