【最新版】ここまで進化した!全国のコッペパン専門店6選

近年人気急上昇中のコッペパン。学校給食のイメージが強いコッペパンですが、実は多彩でおしゃれな専門店が全国各地に続々オープンしているんです。そこで今回は全国各地の最新コッペパン専門店を集めました♪ お手頃でおいしいコッペパンを紹介します!

コッペパン専門店が続々オープン♪

昨年から続くコッペパンブーム。お手頃でボリューム満点の食べ応えが魅力ですよね。

コッペパンといえば、学校給食で出されたモサモサとしたパンを思い出す人も多いかもしれません。しかし、ふわっとしたおいしいコッペパン専門店が、全国各地に続々オープンしているんです♪

定番のコッペパンから個性的でお洒落なものまで、専門店によってメニューはさまざま。そこで今回は、全国各地の最新コッペパン専門店を6店舗紹介します!

1. 北海道「でぶぱん」

愛らしくて憎めないキャラクターがシンボルの「でぶぱん」。札幌市の麻生駅を出てすぐの五叉路にあり、大きな看板が目印です。

でぶぱんは名前のとおり、"おでぶ"なコッペパン。一般的なコッペパンよりもひとまわり大きく、ずんぐりとした形をしています。

コッペパンは注文を受けてから作るので、おかず系のメニューは温かいものを食べられますよ♪ 甘い系からおかず系コッペパンまで、種類が豊富なのでいろいろ試せるのも魅力です!

デザートコッペパン「でぶぱん1号」

デザートコッペパン「でぶぱん1号」

260円(税込)

たっぷりのホイップクリームの上に甘酸っぱいイチゴジャムがトッピングされた、でぶぱん1号。パンの上側にはクリームチーズが塗られています♪

店名を冠したでぶぱん1号は、お店で大人気の看板メニュー。ホイップの甘味とジャムの酸味、クリームチーズのコクのバランスが絶妙な一品なんです!

甘くておいしい、大満足のデザートコッペパンですよ♪

店舗情報

■店舗名:でぶぱん
■最寄駅:麻生駅から58m
■電話番号:011-788-6585
■営業時間:10:00~20:00 ※売り切れ次第終了
■定休日:不定休
■公式HP:https://www.debupan.com/

2. 東京「コメダ特製 やわらかシロコッペ」

カフェとして有名な「コメダ珈琲店」が、やわらかさにこだわったコッペパンの販売を開始しました!

名古屋で開業したコメダ珈琲店は、自家製のふわっとしたパンが大人気。職人がつくったパンはファンがつくほどなんだとか♪「シロコッペ」は、コメダ珈琲店のパン職人がこだわりを詰め込んだコッペパンなんです。

2018年6月現在、やわらかシロコッペは池袋本店をはじめ、東京を中心に10店舗を展開しています。白っぽくふわっとした食感が魅力の「シロコッペ」のコッペパンは要チェックですよ♪

小倉マーガリン

小倉マーガリン

250円(税込)

「シロコッペ」で一番人気の看板メニューは、小倉マーガリン。コメダ特製の小倉あんをたっぷり詰め込んだデザートコッペパンです。

小倉あんの甘さとマーガリンのコクが絶妙にマッチし、一度食べたらやみつきに♪ コメダ特製のしっとりやわらかなコッペパンが、中身の味をいっそう引き立てます!

メニューには季節限定の商品もあるので、シーズンごとにいろいろな味が楽しめますよ。

店舗情報

■店舗名:やわらかシロコッペ 池袋本店
■最寄駅:池袋駅から61m
■電話番号:03-3981-2211
■営業時間:10:00~20:00
■定休日:不定休
■公式HP:http://www.komeda-shirocoppe.jp/

3. 横浜「ミッケパン」

上大岡駅そばにある複合商業施設アカフーパーク内にある「ミッケパン」。おしゃれな雰囲気のコッペパン専門店です。

ミッケパンはテイクアウト型のお店ですが、併設されたブックカフェでイートインできるのが魅力♪ 本に囲まれたおしゃれな空間で、でき立てのコッペパンが味わえます。

メニューは大きく分けて甘い揚げコッペ、おかずコッペ、デザートコッペの3種類。揚げコッペはサクッとしていてペロリと食べられちゃいますよ♪

特集

SPECIAL CONTENTS