おうち中華をグッとおいしく。しびれる「花椒油」の作り方

餃子や野菜炒めなどに使う香味油といえば「ラー油」ですが、今回ご紹介するのは「花椒油」です。花椒をごま油で熱して作る「花椒油」は、華やかな香りとピリッとした辛みが特徴で、中華料理だけでなく、和食や麺類にも使えますよ!

2018年10月17日 更新

「花椒油」って知ってる?

餃子に欠かせない「ラー油」ですが、ラー油のように使える香味油で「花椒油(かしょうあぶら)」という油があります。この油、中国では一般的に使われているのですが、日本ではあまり馴染みが無いため、知らない方も多いのでは?

そんな「花椒油」は、中華料理だけでなくさまざまな料理に使えて、作り方も簡単!ということで、実際に筆者が作ってみました♪

「花椒油」の作り方

「花椒油」の作り方

Photo by 若子みな美

材料

花椒……5gほど
ごま油……30〜50cc(サラダ油で代用可能)

作り方

1. 花椒の粒をめん棒などで叩いて軽く潰します。

1. 花椒の粒をめん棒などで叩いて軽く潰します。

Photo by 若子みな美

厚手の保存袋に入れて行いましょう。
1 / 3

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

管理栄養士 若子みな美

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう