粉類を使わない場合

粉を一切使わない方法もあります。その際、カレールーとしての仕上がりはペースト状になります。スパイスとバター、トマトピューレなどを入れれば、本格的な味わいに。とろみをつけない、さらっとした食感もくせになりますよ。

ホワイトソースベース

ホワイトソースベースに市販のカレー粉を少量加え、ケチャップ、ウスターソース、コンソメ、はちみつなどと混ぜ合わせると、お子さんでも食べやすい手軽なカレールーに。お好みの具材を煮込んだあと、カレールーを溶かせば、懐かしの給食風カレーになります。 この方法では、スパイスの香りや辛さよりもうま味やコク、マイルドさを優先させていくので、小さなお子さんでも食べやすくなります。お好みで牛乳や生クリームを加え、さらに食べやすくするのもおすすめですよ。大人用、子供用とそれぞれお好みの方法でストックするのもよいですね。

安心安全でおいしい本格カレーを味わおう

Photo by koku_koku

スパイスの役割は大きく分けて3つ。1つ目は香りづけ、2つ目は辛み、そして3つ目は色です。この3つのスパイスの特徴をうまくブレンドして作るカレールーは市販では味わえないおいしさ。スパイスの量で辛さも店頭で売られているものよりさらに細かく調整することができます。 お好みのブレンドを鍋で軽く混ぜ合わせ、保存瓶で保管しておけばいつでも自分好みのおいしいカレールーを作ることができますよ。みなさんもぜひ、スパイス独特の香りや辛さを味わってくださいね。
▼カレーと食べたいおすすめレシピはこちら

特集

FEATURE CONTENTS