「りんご」の種類を一挙大公開!味わいや旬・選び方まで総チェック

そのまま食べても料理の食材としてもおいしい「りんご」。アダムとイブの物語に登場するほど、歴史の長いフルーツです。ここでは国産「りんご」の種類について、それぞれの特徴や旬の季節、味わいなどをご紹介!おいしいりんごの選び方も要チェックですよ♪

2018年9月27日 更新

食感と味

「弘大みさき」は、甘みと酸味のバランス感覚にすぐれた、さっぱりとした爽やかな味が魅力の品種。また香りもよくて、ジュースやジャムにするのもおすすめ。一般的なりんごよりもかなり大きめのサイズなのも特徴です。

ミニサイズりんごの品種

アルプス乙女

産地と旬

「アルプス乙女」の産地は、発祥の地でもある長野県。全国シェアの54%くらいを占めています。続くのが青森県で33%くらい。北海道が13%くらいです。10月中旬から10下旬ごろに収穫されています。出回るのが11月下旬くらいまで。食べごろの旬の時期は、9月下旬から11月上旬までとなっています。

食感と味

甘みのなかにほどよい酸味があって、果汁も多めなのが特徴の「アルプス乙女」。小さいながらリンゴらしい味わいが魅力です。小さくて皮も薄いので、丸かじりで食べるのがおすすめ。また、リンゴ飴にしたり焼きリンゴにしたり、丸ごとコンポートしたりと、いろいろと楽しめる品種です。
10 / 12

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

y_nakagawa

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう