復習すべし「パスタの基本のゆで方」!フライパンの方法も

正しいパスタのゆで方を知っていますか?塩やお湯の分量から、ゆで方・ゆで時間……など、今までなんとなくゆでていたという人もいるかもしれません。パスタはゆで方しだいでおいしさがグンとアップ。基本を見直して、おいしいパスタを作りましょう♪

2018年6月9日 更新

5. ザルにあげる

ざるにあげた様子

Photo by lanne_mm

規定時間たったら、ザルにあげてください。すぐに使わないときはオリーブオイルをからめておくと、パスタがくっつくのを防ぎます。

フライパンを使ったゆで方

茹でたパスタ

Photo by lanne_mm

フライパンでゆでると、「お湯の量が少なくて済む」「お湯が沸くまでの時間がかからないのでガス代節約」「塩の量も少なくて済む」……などメリットがたくさん!

ふたり分くらいまでならフライパンで十分。ゆでる量が多くなるとパスタがくっつきやすくゆでにくいので、少量の場合に向いています。

材料(1人分)

フライパンで茹でる時に必要な材料

Photo by lanne_mm

・パスタ……1人前(80~100g)
・塩……小さじ1/2弱~小さじ1弱(お湯の0.5~1%)

作り方

1. お湯を沸かす

お湯を沸かしている様子

Photo by lanne_mm

フライパンにお湯を沸かします。お湯の量は鍋のときの半量程度でOK!今回は500cc茹でています。お湯が沸いたら塩(お湯の0.5~1%)を加えましょう。

2. パスタを入れる

パスタを入れる様子

Photo by lanne_mm

鍋のときと同じようにして、パスタがバラバラになるようにしてフライパンに入れます。
茹でている様子

Photo by lanne_mm

しんなりしてきたらお箸でしずめ、パスタがくっつかないようにかき混ぜてください。

3. パスタをゆでる

蒸している様子

Photo by lanne_mm

常に沸騰するくらいの火加減に弱め、ふたをしてパスタの包装の規定時間ゆでてください。ときどきふたをあけて、パスタがくっつかないようにかき混ぜましょう。

規定時間たったら、パスタを取り出すかザルにあげてお湯をきるかどちらでもOKです。ゆで汁が必要なときは、とっておくの忘れないようにしましょう。
2 / 3

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

管理栄養士/長曽我部真未

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう