連載

【わたしの食器棚vol.54】。恋に落ちた品々。綱渕礼子さん愛用の食器たち

さまざまな食のプロに、お気に入りのアイテムをうかがう連載企画。今回は、凛とした佇まいの料理の数々で人気な、綱渕礼子さんご愛用の食器をご紹介します。プロのフードコーディネーターとして活躍する綱渕さんの食器選びのポイントとは?

Today's Foodie

Today's Foodie

綱渕礼子(@reiko.t.table)/インスタグラマー

Instagramフォロワー13,000人(2018年5月現在)。老舗料理学校にて講師をしながら
フリーランスのフードコーディネーターとして、さまざまなメディアで活躍中。食のプロフェッショナルならではの美しい料理写真や、季節の花を活用したエレガントなスタイリングで人気を集める。

ひと目で恋に落ちた食器たち

フードコーディネーターとして活躍される傍ら、日々の食事や季節の花々を更新される綱渕さん。プロならではの視点で選ばれた食器は、どれも上品で、洗練されたものばかり。綱渕さんの感性にぴったり合った食器やカトラリーは、どれも印象的な出会いや思い出が詰まっています。今回は、綱渕さんご愛用の品々を、ご本人のコメントとともにお届けします。

1.【お椀】テーブルウェアフェスティバルで購入したお椀

「東京ドームで行われる食器の祭典『テーブルウェアフェスティバル』で数年前に出会ったお椀。蓋物なのでおもてなしの吸い物としてもぴったりで、普段は蓋をせずお味噌汁などにも使っています。2年に1度仕事で関わっていたイベントですが、個人的なアイテム探しにも役立っています」

2.【お皿】ピューター写しの萩焼皿

「山口県萩市にあるギャラリー・ジビタ(JIBITA)さんのお皿。工芸品を中心に、オーナーさんがセレクトした器を取り扱うお店です。

和洋中、ジャンルを問わずどんなお料理にも本当に合うし、さらにはデザートにも合うのでプレゼントにもいいですよね。instagramでの登場回数も最多かもしれません」

3.【皿】ウォンキ ウェア「オーガニック ディナー オードブル プレート」

「南アフリカのブランドで、現地の土から手仕事でつくられた器。一つひとつ微妙に形が違っていたり、模様は同じでも写真のように味わいが違います。何種類か持っていますが、この墨汁で描いたようなニュアンスの色合いが気に入っていて、エスニック料理や和食などに使っています」

ITEM

ウォンキ ウェア「オーガニック ディナー オードブル プレート」

31.0cm、ブラック

¥5500 ※2018年5月22日時点
価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

4.【皿】チェラミケ モリ「プレート」「ボウル」

「一枚一枚手描きで模様が描かれる、イタリアの陶器ブランド・チェラミケ モリ(Ceramiche mori)。優しいタッチの色合いの絵をお料理で隠してしまうのがもったいないくらい。爽やかなブルーで朝ごはんによく登場します」

5.【皿】香蘭社 赤繪町工房のお皿

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

macaroni編集部

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう