食事前の新習慣。アペリティフで会話が弾む

フランスの食習慣「アペリティフ」をご存知ですか?日本でも「アペリティフ」を体験するイベントが各地で開催されます。イベントやレストランで、そしてお家でも「アペリティフ」を楽しんでみてはいかがでしょうか。

2018年5月18日 更新

食事の前にアペリティフ

ヨーロッパに旅行すると、食事のスタイルの違いを一番感じるのが、メインの食前に過ごす軽い飲食時間。フランスでは「アペリティフ」、イタリアやスペインでは「アペリティーボ」と呼ばれています。
「アペリティフ」というと「食前酒」をイメージする人も多いかもしれませんが、本来は食事前に軽いおつまみとお酒で会話を楽しむ時間のことを意味します。

ラテン語のAperireを語源とするAperitifは、食欲を増進させ、集う人々の懇親を深める大切な時間なのです。
実際に、フランスで個人宅にお邪魔した際、庭のテーブルで夕日を眺めながらフィンガーフードとシャンパーニュのおもてなしを受け、なんて素敵な習慣なのかと、感動したのを覚えています。

アペリティフを日本でも

そんな、暮らしを豊かにする「アペリティフ」の習慣を、日本にも広めるべく活動しているのが「アペリティフ・ア・ラ・フランセーズ」。
今年度の活動のスタートは東京・代官山にて行われる「アペリティフ in 東京」。開催期間の5月18日(金)から5月20日(日)の3日間、代官山ヒルサイドテラス内には数カ所のイベントスペースが設けられ、フランス料理の「レストラン パッション」シェフ アンドレ・パッション氏、「レストラン タテルヨシノ」シェフ 吉野健氏をはじめ、名だたるシェフやパティシエ、料理人のメニューを500円からというリーズナブルな価格で堪能できます。また、シャンパーニュやワイン、ビールなども豊富にそろい、会話も弾みます。まさにグルメな大人のための、期間限定ダイニングアウトイベントなのです。
アペリティフを日本でも

Photo by macaroni

また、アペリティフの日である6月第一木曜日(6月7日)からは全国100店舗のレストランでアペリティフのキャンペーンが開催され、お店でもアペリティフを体験可能です。

とはいえ、アペリティフはあくまでも食習慣。イベントやレストランに行くのが難しい方は、まずは家族や友人と、簡単なおつまみにお酒を用意して、食事の前に会話を楽しむ時間を作ってみてはいかがでしょうか。きっと、ゆったりと、幸せに満ちた時間が過ごせることでしょう。
■DATA

アペリティフ in 東京

2018年5月18日(金)12:00~20:00
2018年5月19日(土)・20日(日)11:00〜19:00

会場:代官山ヒルサイドテラス
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

macaroni編集部

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう