さらっと食べる「冷汁」の基本レシピ。人気のアレンジも必見!

宮崎県の郷土料理として有名な「冷汁」。この記事では、香ばしい味噌の風味が広がる本格的なレシピをご紹介します。お好みの薬味をたっぷりトッピングして、さらっといただきましょう!人気の鯖缶を使ったアレンジレシピ5選も必見です。

2019年7月26日 更新

麦ごはんの代わりに素麺やうどんでも

宮崎流の冷汁は麦ごはんにかけて食べるのが一般的ですが、埼玉県のように素麺やうどんにかけて食べてもおいしくいただけます。食欲のないときには、冷たい麺類に栄養たっぷりの冷汁をかけていただきましょう!

冷汁の人気レシピ5選

1. きゅうりとツナの冷や汁

ツナ缶をつかったお手軽な冷汁のレシピです。焼いたみそと、ツナのコクと旨みがご飯によく合う冷汁です。ノンオイルのツナ缶をつかっているので、重たくならずに、食欲のないときにもさらさらと食べやすいメニューです。

2. 埼玉風♪ さば缶の冷汁風そうめん

丼に盛られたさば缶の冷汁風そうめん

Photo by macaroni

さばの水煮缶を使ってお手軽に、さっぱりと食べられる冷汁風そうめんのレシピです。たっぷり入れたきゅうりと大葉の清涼感がたまらない、リピート必至のそうめん。さばの臭みが苦手な方は、ツナに変えてもおいしくお召し上がりいただけます♪

3. アジの開き入り冷汁素麺

アジの開きをつかった冷汁を、素麺にかけてスルスルといただけるレシピです。もちろんご飯にかけてもおいしいので、主食はお好みで家族別々のメニューでも簡単に作れます。のどごしがいいので、もりもり食べられますよ。
5 / 6

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

keiko39

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう