さらっと食べる「冷汁」の基本レシピ。人気のアレンジも必見!

宮崎県の郷土料理として有名な「冷汁」。この記事では、香ばしい味噌の風味が広がる本格的なレシピをご紹介します。お好みの薬味をたっぷりトッピングして、さらっといただきましょう!人気の鯖缶を使ったアレンジレシピ5選も必見です。

2019年7月26日 更新

9. よくかき混ぜる

かき混ぜている様子

Photo by TAMA39

ダマにならないようにすりこぎでなめらかになるまでよくすります。

10. きゅうりと豆腐を入れる

茶碗に盛られた冷汁

Photo by TAMA39

よく冷やした豆腐ときゅうりを加え、混ぜ合わせれば完成です!
茶碗に盛られた冷汁

Photo by TAMA39

麦飯に冷汁をかけ、刻んだ青しそとのりなどお好みのトッピングを楽しんでくださいね。長ネギやみょうがとの相性も抜群ですよ!

冷汁を作るときのコツ

すり鉢がなくてもOK!

すり鉢とすりこぎがない場合は、フードプロセッサーでも作ることができます。

また今回はすり鉢に味噌を貼り付けて焼く本格的な方法をご紹介しましたが、アルミホイルに味噌をのせてトースターで焼き目をつければ、初心者さんでも簡単に味噌に焦げ目をつけることができますよ!

お好みのだし粉を使用して

今回は、一般的に冷汁に使われる「いりこのすりみ」を使用しましたが、もちろんご家庭にあるだしの素でもOK!味噌の種類によっても味が変わってくるので、お好みの味噌を探してみるのもいいかもしれません♪
▼だし入り味噌も便利ですよ!
4 / 6

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

keiko39

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう