冷凍保存

Photo by ako0811

既に加熱処理されているゆで鶏は冷凍しても安心です。煮汁こと保存袋に入れて、空気を抜いて密封した状態で冷凍庫に入れます。 もしくは、使い勝手をよくするためにゆで鶏を裂いてから冷凍するのもおすすめです。その場合は金属トレイに好みの大きさにカットした鶏肉をのせ、ラップをして急冷凍します。固まったら保存容器や袋に保存すると少しずつ使うことができ便利ですよ。 いずれも、冷凍1ヶ月程度で使い切るようにしてください。

ゆで鷄のおすすめアレンジ3選

1. ゆで鶏とカブの梅味噌マヨ和えサラダ

淡白な味のゆで鶏はサラダとの相性抜群!どんな味のドレッシングとも相性がよく、洋風に、中華に、和風に……日替わりで楽しめそうです。 こちらは、和風の梅味噌マヨドレッシング。酸っぱ塩っ辛いお味は、しっとりとしたゆで鶏に絡んでおいしそう。一緒に合わせたカブのシャキシャキ感も素敵です。

2. ゆで鶏ときゅうりの塩ナムルそうめん

食欲のないときでも食べやすいヘルシーな鶏むね肉はゆでたら裂いてそうめんのトッピングに♪ごま油香るナムル風味は、めんつゆで簡単に作ることができます。 いろんな食材を和えたら夏バテ防止にも最適ですね。ゆで鶏は裂いてストックしておくと、麺類やサラダなど色々使えて便利です。

3. ゆで鶏とたっぷり野菜のサンド

ゆで鶏はパンとの相性も抜群!ハムやウインナーがなくても、ゆで鶏があればヘルシーで満足度いっぱいのサンドイッチが作れます。このレシピでは、ほぐしたゆで鶏をハニーマスタード味にアレンジ。作り置きしておけばお弁当の支度も短時間でできますね。 具材はレタス、トマト、たまねぎなどのほか、塩気のあるチーズやオリーブ、ピクルスなどもおすすめです♪

しっとりふっくら♪ パサつかせずに上手に作ろう

安価でヘルシーな鶏胸肉は、昔から家計の味方!各ご家庭でいろんなレシピになって頻繁に食卓に並んでいると思います。 お安く手に入れても、調理法や保存法を間違えてしまってはもったいないですよね。パサつきがち鶏胸肉は、上手に調理&保存すると本当においしいんです♪ 今回は、ゆで方のコツを知って上手に賢くストックする方法をご紹介しました。これで毎日の食事が簡単に、便利に、そしておいしくなりますね!さっそくお試しください。
▼鶏胸肉を使った絶品レシピはこちらも!

特集

FEATURE CONTENTS