今年は自家製にチャレンジ!らっきょう漬けの基本&アレンジレシピ

5〜7月はらっきょうが旬を迎え、土付きの生らっきょうがスーパーに出回ります。旬の時期に甘酢漬けを作って保存しておけば、一年中楽しめるのでおすすめ!今回はらっきょう漬けの基本的な作り方と、おいしく食べるアレンジレシピをご紹介します。

2018年11月27日 更新

保存方法と日持ち

保存方法

らっきょうの保存容器はフタを密閉して、冷暗所で保管しましょう。中身を取り出す際は清潔な箸を使い、すぐ食べない分は容器から出さないようにします。

夏場は冷蔵庫で保管するのもおすすめです。冷蔵庫で保管したらっきょう漬けは、シャキシャキ感が長持ちしはますよ。

賞味期限

らっきょうは甘酢漬けの保存食なので、フタを密閉して常温保存すれば、おおよそ1年保存が可能です。高温多湿の所で保存した場合は1年もたないこともあります。

カビが生えているもの、悪臭を放っているもの、らっきょうの歯ごたえがなくなっているものは傷んでいますので賞味期限内であっても食べるのをやめましょう。

飽きずに楽しめる♪ アレンジレシピ3選

1. トマトサラダらっきょうドレッシング

フレッシュの酸味のトマトに、みじん切りのらっきょうがたっぷり入ったドレッシングをかけた簡単サラダです。 らっきょうのシャキシャキした食感がアクセント。甘酢のさっぱり味で、暑くて食欲がない時でも食べられそうですね。
4 / 5

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

migicco

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう