常温はNG!? ゴーヤーのおいしい保存方法&保存期間

夏になると大量に手に入る機会も多いゴーヤー♪ でも、常温で保存していたら、知らない間にシワシワになっていた、なんてことはないでしょうか?実はゴーヤー常温よりも確実においしさをキープできる秘策があるんです!今回はそんなゴーヤーのとっておきの保存方法をご紹介していきます◎

2019年3月4日 更新

3. 保存袋に入れて冷凍保存

スライスしたゴーヤーを、空気が入らないように保存袋に入れます。あとはそのまま冷凍庫にいれれば冷凍保存の完成です。

注意点

水気がNGなゴーヤーですが、汚れがどうにも落ちないときは洗って保存したい場合もありますよね。そんなときは、洗ってスライスしたゴーヤーをさっと「塩ゆで」がおすすめ。最後にキッチンペーパーでしっかりと水気を取り、同じく保存袋に入れて冷凍庫へ入れましょう。

解凍方法

自然解凍をすることができ、ゴーヤーの水分が出ることで全体的にしなっとします。余分な水気を絞ってから料理に使用しましょう。また解凍せずとも凍った状態のままで、炒めものや卵とじなどに入れることもできますよ。

保存期間

ゴーヤーを冷凍保存した場合は、約1ヶ月を目安に使い切りましょう。保存が長すぎると保存袋に入れていても霜がはってしまったり、味が抜けて劣化していきます。

ゴーヤーの乾燥保存方法

保存方法の手順

1. 中を取り除き薄くスライス

冷蔵や冷凍のときもしていたおなじみの手順ですね♪ ゴーヤーを縦半分にカットして中を取り除いたら、薄くスライスしましょう。
3 / 5

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

manaminmin

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう