お寿司や常備菜に!かんぴょうの煮方&アレンジレシピ5選

かんぴょうといえば、巻き寿司やちらし寿司の具として定番ですが、下ごしらえの方法や煮方を知らない方も意外にいるのでは。今回はかんぴょうの基本的な煮物の作り方と、洋風おかずやスイーツも作れるかんぴょうのアレンジレシピを5つご紹介します。

2018年11月23日 更新

かんぴょうの基本の炊き方

タッパーに入ったかんぴょう

Photo by migicco

お寿司やお弁当に活躍する、かんぴょうの煮物の基本的なレシピです。下ごしらえをきちんとすれば、あとは鍋で煮るだけ。砂糖、みりん、醤油で甘辛い味に仕上げます。冷蔵庫で数日保存ができるので、一袋まとめて煮て常備菜として楽しむのもおすすめです。

材料(作りやすい分量)

かんぴょうと調味料

Photo by migicco

・かんぴょう……1袋(20g)
・だし……1カップ
・醤油……大さじ1.5
・みりん……大さじ1
・酒……大さじ2
・砂糖……大さじ1.5
・塩……小さじ1/2

かんぴょうはスーパーの乾物コーナーで手に入ります。下ごしらえ用に塩を準備しておきましょう。乾燥しているかんぴょうは少なく見えますが、煮ると3倍くらいに膨らみます。

かんぴょうの下ごしらえ

1. かんぴょうを水でもどす

かんぴょうを水でもどす

Photo by migicco

たっぷりの水にかんぴょうを入れ、15分漬けてもどします。

2.よく絞って塩でもむ

かんぴょうを塩でもむ

Photo by migicco

水から出して絞り、塩をふりかけます。弾力が出るまで手でよくもみましょう。もみ終わったら水洗いします。
1 / 6

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

migicco

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう