10倍粥をレンジで作る方法!離乳食を始める前に要チェック

赤ちゃんが生後5ヶ月を過ぎると、そろそろ離乳食スタートの時期。「まずは10倍粥から」といいますが、具体的な作り方を知らないパパママも多いのでは?電子レンジを使った基本的な10倍粥の作り方を、生米から、炊いたごはんからの2通りご紹介します。

2018年11月5日 更新

ハンドブレンダーを使う

お粥をまとめ作りした際は、こし器よりもハンドブレンダーを使ったほうが手早く均一にできます。お粥を作った鍋や容器にハンドブレンダーを詰め込み、なめらかになるまで回しましょう。洗う際は水を張ったコップにブレンダーを入れて回すとすぐキレイになります。

作ったお粥の保存方法

まとめて作ったお粥は、製氷皿に入れて冷凍しておくと便利です。きれいに洗った製氷皿に、スプーンなどでお粥を入れていきましょう。 凍ったら製氷皿から出し、チャック付きのポリ袋に入れて冷凍庫に保存します。 あらかじめ、1回分のお粥が製氷皿のブロック何個分になるかを計量しておくと、解凍の際に便利ですよ。

解凍方法

お粥を解凍する際は、耐熱皿に冷凍したお粥を1食分入れ、ラップをして電子レンジで加熱します。加熱直後は熱いため、赤ちゃんにあげる際は人肌程度に冷ましてからあげるようにしましょう。

冷凍保存した離乳食の賞味期限は?

自分で調理し、冷凍した離乳食は、1週間を目安に使い切るようにしましょう。使い切れなかったものは赤ちゃんには与えず、パパやママが食べるようにして。お粥はスープに入れてとろみづけにすると無理なく食べ切れます。

お粥のレンジ調理にはおかゆクッカーもおすすめ!

ITEM

リッチェル 電子レンジ用おかゆクッカーE

素材:ポリプロピレン、エラストマー

¥1,166 ※2018年04月29日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

Amazonで見る

電子レンジからお粥を作る際に、おかゆクッカーを準備しておくと便利です。すり鉢機能がついているので10倍粥の調理も簡単。下半分は食器としても使えるので、別途お皿を用意しなくてOK。煮沸消毒可なので衛生的に使えますね。

手作り10倍粥で、楽しい離乳食タイムを

電子レンジで簡単に作れる、10倍粥の作り方をご紹介しました。赤ちゃんのお世話で日々忙しいパパママにとって、電子レンジで手軽にお粥が作れるのは嬉しいですよね。 離乳食は準備やステップアップなど大変な面もありますが、親子の大切なコミュニケーションの時間でもあります。手作りのごはんを赤ちゃんがキレイに食べてくれたら、とても嬉しいですよね! 今後も末永く続く家族のご飯タイムを、おいしい手作りの10倍粥でスタートさせてくださいね。
▼赤ちゃんの成長に合わせて選びたい離乳食レシピ♪

特集

FEATURE CONTENTS