【母の日アンケート】花×スイーツがトレンド!? 母の本音を聞いてみた

macaroniでは今回、アプリユーザーを対象に「母の日」に関するアンケート調査を実施しました。祝う側と祝われる側、それぞれの意見とは!? みなさんのほっこりエピソードもご紹介!今年何をするかまだ決めていない人、ぜひ参考にしてください。

2018年8月2日 更新

今年の「母の日」は何をしますか?

2018年の「母の日」は5月13日(日)。みなさん、今年はどんなことをしますか?大切な人に感謝の気持ちを伝える、一年に1度の特別な日。いつもお世話になっているお母さんの笑顔がこぼれるような、思い出に残る一日にしたいですよね。

macaroniでは今回、10代から60代の男女512人を対象に「母の日」に関するアンケート調査を行いました!その結果をご紹介します。

「お花・プレゼント」を贈る人が大多数!

まず、今まで母の日にしたことがあることを聞いてみました!すると、どの年代でも圧倒的に「お花・プレゼント」を贈った人が多いという結果に。
今年する予定のことは?という問いでも傾向はあまり変わりませんでした。

ちょっと変わったことをするよりも、母の日らしい定番ものをプレゼントとして贈る人が多いようです!

実際にどんなものをプレゼントするの?

プレゼントと言っても、お花、スイーツ、アクセサリー、家電とさまざま。実際に何をプレゼントする予定か聞いてみたところ、1位「お花・フラワーギフト」、2位「スイーツ」、3位「ファッション小物」という結果になりました。

予算はだいたい5,000円以内

プレゼントの予算については5,000円と答えた人が一番多かったです。続いて3,000円。リーズナブルな価格でプレゼントを探す人が多いようですね。

リアルな母の声!今年は何をもらいたい?

次に、お母さんたち本人に今年の母の日に欲しいものを調査。気になる結果は、1位「お花・フラワーギフト」、2位「スイーツ」、3位「ファッション小物」でした。

実際にこんな声も

「子供が初めて自分のお金でお花を買って来てくれた時には、感動しました」(くまさん)
「10年ほど前、高校生だった息子がカーネーションを買ってきてくれたんですが、持って帰ってくるのが恥ずかしかったようで、カバンの中から出てきた事が。気持ちが凄く嬉しかったです」(ゆみゆみさん)
カーネーションや花束をプレゼントされたら、それだけでうれしい気持ちになりますよね。

「花より団子」もありかも!?

もらったら嬉しいものの1位は「お花・フラワーギフト」でしたが、スイーツを食べたいと思っているお母さんも多いことが判明!
「去年の母の日、主人や長男はすっかり忘れていたのに、高校生の次男が部活帰りにケーキ屋さんでシュークリームを買ってきてプレゼントしてくれました。家族分のシュークリームが入っていて、予測してなかったので感激しました。優しい子に育ち、とても嬉しかったです」(カリカリメロンパンさん)
「うちの母は花よりだんご派です。(笑)」(みみまるのすけさん)
2018年は「花より団子」もありかもしれませんよ♪

母の日のほっこりエピソードを聞いてみた

母の日に思い出に残っているほっこりエピソードをご紹介します!
「まだ子供達が小さい頃初めて手紙をくれたんですが、文字が読めなくて(^^)困って、でも嬉しくて、涙が出て困りました」(マリリンさん)
「去年の母の日、当時3歳の娘が初めて似顔絵のプレゼントをくれました。嬉しくて嬉しくて、ボロボロ泣いたら娘が不思議そうな顔をしていました。(笑) 一生忘れられない思い出になりました」(motteさん)
「毎年プレゼントと別に花束を渡しています。その花束をケータイの待ち受けにしてくれています」(森下ゆみさん)
「ケーキ屋で働いているときに、子供がお金を握りしめてひとつだけケーキを買いにくる姿には心うたれました」(はまちさん)
「プレゼントした花が父と同じものだったことがあり、やはり親子だね〜なんて笑いながら母が喜んでくれた」(ゆうかさん)
どんなに些細なものでも、プレゼントを準備してくれるという行為自体がうれしいものですね。

プレゼントと一緒に感謝の気持ちを♪

いかがでしたか?今年は定番のカーネーションや花束に加えて、ちょっとしたスイーツを一緒に渡してみてはいかがでしょう。

最近では、お花とスイーツギフトが多く販売されています。特にドライフラワーを特殊な液体とともに瓶詰めした「ハーバリウム」や、水分が抜かれた半永久的に枯れることのない「プリザーブドフラワー」など、長い時間部屋に飾れるものとのセットがトレンドの予感。

一年に1度しかない母の日に、素敵なプレゼントを渡して感謝の気持ちを伝えてみましょう。
▼母の日スイーツはこちらをチェック!
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

macaroni編集部

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう