グラスの6分目が目安

シャンパン1杯の量は、シャンパングラス(フルートグラス)6分目あたりが目安になります。乾杯用としてはめったにありませんが、シャンパンタワーなどで見るソーサーグラスであれば8分目あたりが目安ですね。 結婚式やパーティで飲むシャンパンは、乾杯用であることが多いです。そういうシーンでは少な目がちょうどよく、あまりなみなみと注いでしまうとみっともないので気を付けましょう。

パーティシーンで活かしたい♪

パーティの場で役立つシャンパンの開け方について詳しく紹介しました。普段の飲み会などではなかなか飲む機会がないシャンパン。めったに飲むことがないと、開け方にも戸惑ってしまいますが、基本的な注意点を抑えてさえいれば大丈夫です。 結婚式やお祝いごとのにぎやかなパーティではポンっと軽快な音を立てて、レストランの落ち着いた空気の中では音を立てずスマートに、その場に合わせた開け方で、吹きこぼれるなど失敗がないように開けて食事を楽しみましょう♪
▼よろしければこちらの記事もご覧ください
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ