大分の郷土料理「やせうま」の作り方!通販商品3選も

大分の郷土料理「やせうま」をご存知ですか?昔から大分で愛されてきた「やせうま」の基本的な作り方や、ほかの材料で代用する方法などをご紹介します♪お手軽に本格的な味が楽しめる「やせうま」のおすすめ通販商品もぜひチェックしてくださいね。

2018年5月11日 更新

新しい造語!?「やせうま」の正体とは

やせうま

Photo by yucchi

「やせうま」は大分県の郷土料理

「やせうま」って?何かの造語……?と疑問に思った方も多いはず!そこで、まずはやせうまの基本知識についてご紹介します。やせうまとは、大分県で昔から食べられている郷土料理です。練った小麦粉を長く平たい麺状に伸ばし、きなこをまぶした料理のこと。

やせうまは一般的におやつとして食べられることが多く、大分県では給食にも出てくるほどメジャーな料理です。基本的には家で手作りする場合が多いですが、大分県にはやせうまを食べることができる飲食店もたくさんありますよ♪

なんで「やせうま」と言うの?

「やせうま」の名前の由来については諸説ありますが、もっとも言い伝えられている説をご紹介します。

平安時代、貴族の幼君に八瀬(やせ)という乳母が仕えており、幼君のおやつとして小麦粉を伸ばして茹でたものにきなこをまぶした料理を出していました。この料理を気に入った幼君が、よく「八瀬、うまを作って!」と言っていたことから「やせうま」と呼ばれるようになりました。

幼君の言った「うま」という言葉には、おいしいものやおやつといった意味があります♪

「やせうま」と「だんご汁」の違い

大分県には「やせうま」と同じくらい有名な郷土料理「だんご汁」があります。どちらの料理も、小麦粉を薄く平たく伸ばして茹でた「だんご」が入っています。このだんごを野菜やキノコなど具だくさんの味噌汁に入れたものを「だんご汁」といい、だんごにきなこと砂糖をまぶしたものを「やせうま」といいます。

どちらも同じだんごを使った料理ですが、味はまったく違うんです♪
1 / 5

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

yucchi

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう