ライター : dressing

dressing(ドレッシング)は、食に深い知識と経験を持つ“食の賢人”たちが、ただ“おいしい”の枠を超えた最高の食生活を提案。食のセンスが磨けるグルメメディアです。

この記事は、豊かなフードライフを演出するWEBメディア「dressing」の提供でお送りします。

芳ばしく甘い香りもごちそう! 新高円寺に「西京漬け専門店」がオープン

東京メトロ丸ノ内線・新高円寺駅のほど近くに、西京漬け専門店『魚き食堂』が2018年2月に誕生した。都内にある人気仕出し弁当店で20年以上愛されてきた西京漬けを、焼きたての定食スタイルで楽しめる店だ。
引き戸を開けると、すぐ目の前がカウンターというこぢんまりとした店内。 扉の横には弁当やテイクアウト専用の窓が大きく設けられ、そこから差し込む陽射しが店内を明るく照らしている。
席数はカウンターのみ8席。元は割烹だったという店は、低めのカウンターに座面が広くゆったりとした座り心地の椅子を合わせ、くつろげる空間になっている。 店主の森大樹さんの実家は、都内で長年仕出し弁当店を営んでいる。特に西京漬けが評判で、人気ロケ弁として芸能人や著名人にも多くのファンがいるそうだ。 西京漬けは冷めてもおいしく弁当にぴったりだが、焼きたてはまた違ったおいしさがある。焼きたてのおいしさをより多くの人に味わってもらいたいと考えた森さんは、西京漬けを定食スタイルで気軽に楽しめる“西京焼き専門店”をオープンさせた。

どれを食べようか迷うこと必至! 定番の銀だらをはじめ豊富にそろう西京漬け

メニューはランチ・ディナー共に、ご飯、小鉢、汁物が付いた定食がメイン。もう少し魚が食べたい人には、単品で魚料理を追加できる。「ひとりでも気軽に、ゆっくりビールを飲みながらご飯を食べてもらいたいですね」と森さんは話す。
西京漬けに使用する魚は、実家の仕出し店と同じ北海道・小樽の業者から仕入れている。魚を知り尽くしたベテランの目利きが厳選した素材を、何十回も試作を重ねて京都の西京味噌と北海道の味噌を独自に配合した味噌に漬け込む。 切り身の大きさや質によって味噌を漬ける割合を変えるなど細かな工夫を凝らして、甘さとしょっぱさが絶妙なバランスの、魚のうまみを最大限に引き出した西京漬けができあがる。
仕出し弁当では、冷めてもおいしいように魚をスチームオーブンで蒸し焼きにしているが、『魚き食堂』では焼きたてのおいしさにこだわり、魚焼きグリルを使用。高熱のガス火で魚を一気に焼き上げることでうまみを閉じ込め、皮をパリっと身はふっくらと仕上げている。 注文を受けてから魚を焼き始めると、脂が落ちるジュワっという音と共に、香ばしく甘い香りが店内いっぱいに立ち込め、食べるのが待ち切れなくなる。
一番人気のメニューは「銀だら西京漬け」(写真上)。こんがりと焼かれた銀だらは、身がプリっと弾力があり、箸を入れると身がホロッと崩れてくる。皮の部分もしっかり焼かれているため生臭さが全くなく、ほっくりとした淡泊な身と味噌風味の甘い脂の味わいが染みわたる。 じんわりと脂ののった魚をほかほかの白いご飯でいただくのは何とも口福なひとときだ。
森さんのおすすめは「カレイ西京漬け」(写真上)。西京漬けとしては銀だらほどポピュラーではないが、実際に食べてみて、すっかりファンになる人も多い。 銀だらより味噌が染み込みやすいカレイは、焼いているときも一段と甘く香り、身からジューシーな脂がジュワっと滴り落ちるほど脂のりが良いが、後味はさっぱりとしている。
魚メニューに劣らず人気があるのが「鶏モモの辛味噌漬け」(写真上)。甘みのある西京味噌にピリ辛の豆板醤を合わせて鶏もも肉を漬け込んだ、同店のオリジナルメニューだ。 味噌漬けにすることで余計な水分が抜けて身がしまった鶏もも肉を、高熱で皮目をカリカリ、身をふっくらと焼き上げる。甘辛でパンチのある味はご飯だけでなく、ビールにもピッタリだ。
そのほか、銀ムツや銀しゃけ、サバと西京漬けの種類も豊富にそろう。また今後は「銀だらの赤味噌漬け」などの新しいメニューも登場する予定だ。

西京漬けに合わせ、丁寧に仕上げられた小鉢と汁物

定食につく汁物や小鉢にもちょっとした工夫を欠かさない。 「メインは西京漬けですが、それ以外の汁物や小鉢もしっかりおいしいという印象を持ってもらえるようにしています」(森さん)。
汁物は具がゴロゴロ入った豚汁(写真上)。西京漬けの余韻を壊さないよう、薄めの味付けにしている。ふわっと香るごま油が食欲をそそり、後味もすっきりとしている。
副菜は、漬物や旬菜の3種盛りと小鉢の2つのタイプがセットされる。この日の3種盛りは「ザーサイの浅漬け」、「コマイの卵のしょうゆ漬け」、「ごぼうサラダ」。 「コマイの卵のしょうゆ漬け」(写真中央)は「氷下魚」と書き、冬に旬を迎えるコマイの卵をうまみたっぷりの醤油ダレに漬け込んだもの。プチプチした食感となめらかな舌触りが特徴でご飯のお供にもぴったりだが、酒の肴としても楽しめる。
小鉢は「小松菜とエリンギのバター炒め」(写真上)または「豚バラとキャベツ、ピーマンのピリ辛炒め」の2種類を用意。注文した魚メニューの個性に応じて森さんがセレクトしている。
同店では弁当や西京漬け単品の販売も行う。事前に予約をすれば、焼きたて、ホカホカの弁当を用意してもらえるのもうれしい。 「ひとりでふらっと来たお客様が、おいしくて次は誰かを誘ってきたくなるような店にしたいですね」(森さん)。これからは「クリームチーズの西京漬け」とワインといったディナータイムも楽しめるメニューを出していきたいそうだ。 仕出し弁当として、多くの著名人たちに長年愛されてきた西京漬け。これからは焼きたての香りで道行く人を惹き付け、街の定食屋としても愛され続けるだろう。 【メニュー】 銀だら西京漬け 1,250円 カレイ西京漬け 1,000円 鶏モモの辛味噌漬け 850円 サーモンハラス塩焼き 950円 銀だら西京漬け(単品) 700円 サバ一夜干し(単品) 400円 サバ生姜醤油漬け(単品) 400円 ※価格は税込

魚き食堂

上記は取材時点での情報です。現在は異なる場合があります。
提供元:
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS