泊まるだけでは損!グルメも注目の都内「ホテル&ホステル」5選

最近、都内にオープンしているホテルやホステルのグルメが熱いんです!泊まるのが目的だった場所が、食べることを目的とした場所へ変わりつつあります。レストラン顔負けのグルメ、食べに行ってみてはいかがでしょうか?

2018年5月15日 更新

ホテルやホステルの常識をくつがえす!?

最近増えているホテルやホステル。泊まるためだけの場所だと思っていませんか?いえいえ!そんなことはないんです。

ホテルやホステルのグルメがどんどん本格的になってきていて、お料理を食べるために訪れる人がいるほどなんです!では、最新グルメを見てみましょう♪

1. 渋谷「hotel koe tokyo」

渋谷駅から少し歩いた場所にある「hotel koe tokyo(ホテル コエ トーキョー)」。2018年にオープンしたばかりのホテルです。1Fはレストランとイベントスペース、2Fはアパレルショップ、そして3Fは宿泊施設「hotel koé」の3つの顔を持っています。

1Fのレストランは、代官山で高い人気を誇るフレンチレストラン「Ata(アタ)」のシェフである掛川哲司シェフがプロデュース。上質な空間の中で、「今の東京のリアル(=ニューベーシック)な食」が体験できるそうです。

「teriyaki egg burger」

1,200円(税抜)

ビーフ100%のパティと半熟の目玉焼きが挟まれたボリュームたっぷりのハンバーガーです。ぎゅっと肉々しいパティが食べ応え十分!

日本のソウルフードでもある"テリヤキ"をハンバーガーにした「teriyaki egg burger(テリヤキエッグバーガー)」。日本人はもちろんのこと、外国のお客様をもトリコにしているようです♪

「bakery buffet + main breakfast」

1,000円(税抜)

ヨーグルトフルーツグラノーラやスクランブルエッグなど6種類の選べるメインに、パンビュッフェがついたセットメニュー。

メインはもちろん、パンにもこだわりがたくさん!パンは、バルミューダのトースターで焼き直しができたり、お供には自家製バターとジャムがあったり……とかなり充実したビュッフェです。特におすすめなのが、ロールパン。外はパリッと、中はふんわりとしていて、いくらでも食べられるんだとか♪
1 / 6

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

eriko_furuya

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう