小型冷蔵庫の選び方とおすすめ10選!ひとり暮らしやサブ使いに

ひとり暮らしやサブとしての使用におすすめの、コンパクトな小型冷蔵庫。「いろいろなものが販売されているけれど、どれを選べばいいの?」と迷っている方に、基本的な選び方とおすすめの小型冷蔵庫を、容量順に10点ご紹介します!

2018年5月1日 更新

小型冷蔵庫はどうやって選ぶ?

メイン使いするか、サブとして使うか

小型の冷蔵庫といっても容量には大きな差があり、5L程度の超小型のものから150L程度のものまで入る量はさまざまです。ひとり暮らしのメイン冷蔵庫として使う場合は、ある程度大きめの冷蔵庫が必要ですし、キッチン以外の場所でサブ機として使う場合はそこまで大きくなくてもOKですよね。

まずはメインか2台目以降のサブとして使うかを考え、お部屋の広さも考慮しながらサイズ感の目安を決めておくとスムーズです!

どんなものを入れるか

冷蔵庫の中に何を入れるかによっても、選ぶサイズや機能が違ってきます。自炊をするかしないかというのが大きなポイントで、自炊をする方は大きめのサイズで、なおかつ野菜室搭載のものがおすすめです。自炊しない方は、最低限の容量でOKですね!

また、飲み物だけを入れておく冷蔵庫が欲しい方に冷凍庫つきのものは不向きですし、逆にアイスや冷凍食品を買いだめしたり、たくさん作り置きしたいという方は冷凍庫つきが必須です。また、飲み物をたくさん入れるならドアポケットが広いものを選ぶといいでしょう。

お部屋のどこに置くか、または持ち運ぶか

小型の冷蔵庫となると、設置場所はキッチンに限りません。キッチンではそれほど気にならないモーター音も、寝室に置いたり会議室に置いたりする場合は意外と気になるもの。

静かな場所に置く時には、静音モードがついているものや、もともと静音性の高い製品をおすすめします!また、アウトドア用に持ち運ぶ場合は、車内で稼働させられるようDC電源にも対応した冷蔵庫を選びましょう。

1ドアと2ドア、どちらを選ぶ?

冷凍庫なしの1ドアタイプ

冷凍庫がついていない1ドアタイプの冷蔵庫は、サブの冷蔵庫として購入する方が多いようです。寝室に置いてドリンク入れにしたり、アウトドアに持って行って缶ビールを冷やしたりといった使い方が一般的。

食事は毎日外食で済ませ、冷凍機能も不要という方は、コンパクトな1ドアの冷蔵庫をメイン使いしても問題ないでしょう。
1 / 4
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

エマ

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう