お箸が止まらない!ハマるおいしさ「ゴーヤの佃煮」の基本レシピ

暑い夏には「緑のカーテン」としても活躍するゴーヤ。でも、結局炒め物にしていませんか?実は佃煮にすると苦味が抑えられ、ごはんやお酒と相性抜群でお箸が止まらない常備菜になるんです!作り方もとっても簡単♪ 今回はそんなゴーヤの佃煮のレシピをご紹介していきます。

2019年3月6日 更新

苦くない♪ ゴーヤの佃煮の基本レシピ

和食器に盛られたゴーヤの佃煮

Photo by lanne_mm

ゴーヤは甘辛く煮ることで、味がしっかりなじんでおいしい佃煮に。ゴーヤを塩もみしてさっと下ゆですることで、苦味をやわらげますよ。できたてよりも、冷まして少し味が落ち着いたころが食べごろ。苦味もやわらいでいて食べやすくなります。

材料(作りやすい分量)

テーブルに並んだゴーヤの佃煮の材料

Photo by lanne_mm

・ゴーヤ……1本(200gくらい)
・しょうゆ……大さじ2杯
・砂糖……大さじ3杯
・酢……大さじ1杯
・みりん……大さじ1杯
・かつお節……1パック(5g)
・いりごま……大さじ1/2杯

作り方

1. 種を取る

木のカッティングボードに置かれた種をとったゴーヤ

Photo by lanne_mm

ゴーヤは縦に割り、スプーンを使って、種を取り除きます。

2. ゴーヤを切る

木のカッティングボードに置かれたスライスしたゴーヤ

Photo by lanne_mm

ゴーヤは5mmくらいの厚さに薄切りにします。塩(分量外)をふたつまみほどかけてよくもみこみ、しんなりするまでしばらくおきます。
1 / 3

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

lanne_mm

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう