東京都内トップクラスの実力「ピキヌー」タイカレー専門の名店にハマっちゃおう

タイ語で小さな唐辛子という意味を持つピキヌー(PICKEENOO)。世田谷区駒沢大学駅から歩いてすぐのところにあるタイカレー専門店の「ピキヌー」は根強いファンが通い続ける名店です。今回は「ピキヌー」とは何か、詳しくご紹介!

タイカレーの名店「ピキヌー」

信濃町のカレーの名店メーヤウで修行したというご主人が営むタイカレー専門店「ピキヌー」は根強いファンに愛される駒沢の名店だ。
駒沢大学駅の公園口から出ると徒歩1分ほどで着く。なかなか渋いビルの1Fにある。いかにもタイ料理を出しそうな外観が良い。
このゴチャゴチャ感がたまらない。自動ドアではないので、ドアの閉め忘れには注意を。ご主人に怒られちゃうので(笑)あの時のご主人がドアを閉める音は尋常なボリュームではなかった・・・笑

全て本格的なタイカレー

メニューはいたってシンプル。グリーンカラーから始まり、辛さもしっかりと明記してあるから安心だ。
筆者はいつも「グリーンカレー」を食べる。ここのは本当にウマい。一番辛さがないとはいえ、なかなかの辛さなので汗ダラダラで食べている(笑)皆が言う様に、甘ったるさもなく、かなり引き締まった味だ。ご飯大盛りはマストで(ちなみに無料)。

「レッドカレー」

見た目はスープカレーみたいにサラサラであっさりめな「レッドカレー」

「カントリーカレー」

「カントリーカリー」の具には豚肉、茄子、インゲン、ふくろだけ、ヤングコーン、えのき、玉子、パクチーなど種類が沢山入っている。
オイル、ナンプラー、ココナッツがたっぷりで、甘くてすっぱ辛いのが「パネンカレー」
ピーマン、チキン、キノコが入っている。
シンプルな「チキンカレー」チキンは柔らかくて、卵はカレーの辛さを中和してくれる優しい味だ。ただ、これは辛い・・・舌の痺れにご注意を(笑)
名前の通り・・・くれぐれもご注意を(爆笑)

「アロイカレー」

アロイカレーは月によって内容が変わる月替わりカレー、毎月のお楽しみに是非。

特集一覧

SPECIAL CONTENTS